« らーめん弁慶 | トップページ | 立ち食い中華そば »

日本語入力を変えてみた

日本語入力を変えてみた。

学習機能や予測変換が僕の使い方に合っていることと、QWERTY配列で数字キーと矢印キーがあり、さらに背景の色を黒に変えられることからずっと長いことSwiftKeyboardを使ってきたけど、日本製ではないため、肝心の日本語辞書、特に人名とか地名の変換が壊滅的にアレなので、ひさびさに他の日本語入力アプリを使ってみた。

ちなみにテンキー入力はスマホを使いはじめた時から一度も使っていません。ローマ字入力一択です。

なので、テンキー入力派の人にはまったく関係ありません。


Googleキーボード

たしかに日本語には詳しい。

が、インターフェースになじめずあえなく5分で削除。

キーボードも何か足りない。


wnnキーボード

しばらく使って、変換も予測もまぁいいかなと思ったけど、変換後の動作にどうしても納得がいかず削除。

たとえば、「から」と入力する場合、ローマ字入力だと、"kara"とタッチして変換候補に「から」と表示される。これが"kar "と入力した時点で「から」と変換候補が表示されて確定すると、日本語にならなかった"r" が残ってしまう。つまり、「からr 」となってしまうわけで、この"r" を削除しなければならない。"a" を入力せずにすんだけど、"r" の削除は必要なわけで、結局全然ラクになってない。そういう人用の設定があるかもしれないけど、他にもこまごまと気になる点があったので、がんばって2か月使ったけど削除。


よくよく考えてみると、スマホで文字を入力する用途って、LINEかメールだけどあまり長文は入力しないし、自分的に長文なのはブログ投稿ぐらい。


で、SwiftKeyboard を再インストール。

ダークモードのキーボード、数字キーと矢印キー。そして、僕の使い勝手に合った文字変換。相変わらず日本語辞書はアレなままだけど、どうせ大した漢字は使わないし、ブログでもお仕事でも書けない漢字は使わないし、字面が暗くなるので、そもそも、ひらがなばかりだし。

結局、これなのね。

« らーめん弁慶 | トップページ | 立ち食い中華そば »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« らーめん弁慶 | トップページ | 立ち食い中華そば »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック