« 彫刻の森美術館 | トップページ | 強羅~箱根湯本~小田原 »

箱根クラフトハウス

強羅公園の中にある体験工房。雑貨とかガラス製品を見ようと思って入った。あれこれ見てまわっているうちに、陶芸と切子の工房が気になってしまった。

 

場所は違うけど、トンボ玉、吹きガラス、手びねりの陶芸は体験したことがあった。夕方なので陶芸はもう締め切り、切子は所要時間は1時間の随時受付、しかも飾ってあったグラスがとてもステキだったので、紫色のぐい飲みグラスの切子体験を申し込んだ。

 

最初に説明を聞いてデザインを決める。絵心はないし、センスにもまったく自信はないのであるが、サンプルもあるし飾ってあったグラスの中でシンプルだけどそれが気に入ったので、単純な長さの違う平行な直線のみのデザインにした。

 

まずは練習。思ったよりもグラスは丈夫で、多少強めの力でヤスリにあてないとキレイにカットできないことと、下絵のとおりにカットするだけでもけっこう大変なことがわかった。練習が終わったら自分で選んだグラスにマジックで下絵を書いたらいよいよスタート。

 

最初の3本くらいは渾身のデキ。線の位置、太さ、長さとも思いのとおり。こりゃ楽しいわい。と思ったけど、線が増えるにつれて線の間隔と、となりの線との長さの対比、角度がバラバラになってきた。しかも後半になるにつれて、すでにカットされた線の写りこみと下絵の線との差がわからなくなり、もう感覚しかない状況。

 

で、予想の時間よりもかなり早く体験は終了。完成度は低いけど楽しかったし、バラバラな線が結果として手作り感満載になった。めざしていたのは草というか植物の並びだったので、それはそれでいいかと。

 

終わったあとに数量限定の記念品の手ぬぐいとクリアファイル、次回体験の優待券をいただく。また、きます。

 

他にもお土産を買ったり、強羅公園内を散策したり、植物園がことのほか面白かったりと、夕方になっても暑いままだけど楽しい時間でした。

 

画像はホームページから借用しました。

 

Imgkirikoglass

« 彫刻の森美術館 | トップページ | 強羅~箱根湯本~小田原 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 彫刻の森美術館 | トップページ | 強羅~箱根湯本~小田原 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック