« 暑いです | トップページ | KEK見学記 その2 »

KEK見学記 その1

2012年9月2日に行われた、「高エネルギー加速器研究機構(KEK)」の一般公開の様子を、これから5回くらいに分けて紹介する。

撮影した画像の肖像権やリンク先の著作権はすべてKEKに帰属します。

何これ?という方や興味のない方にはゴメンナサイ。


午前中は特別講演。


特別講演1
・「謎の素粒子 ニュートリノ 日本縦断300km -T2K実験-」 小林 隆 教授
・もうすでになんのこっちゃであるが、KEKの東海キャンパス(T)にあるJ-PARCという大強度陽子加速器研究施設から、295kmはなれた岐阜県飛騨市神岡町(K)にあるスーパーカミオカンデにニュートリノを打ちこんだ実験、いわゆるT2K(東海 TO 神岡)実験の紹介。
・わかりやすく人を引き付ける説明はすごい。事前に予習をたっぷりしていっても、新たな発見と驚きがあった。
・講演で利用したスライドのリンクはココ。興味のある方はどうぞ。


http://jnusrv01.kek.jp/~kobayasi/talks/koba.120902.KEKopen.pdf


特別講演2
・「LHC最新結果 -質量起源のなぞにせまる-」 津野 総司 助教
・こちらも最新の研究、実験結果を踏まえての講演。
・かなり高度な内容だった。波動理論がわかりません。


午後は施設の見学だったが、夕立のようなものすごい雨に講演会場から出られずしばし足止め。
その間に研究本館のパネル展示をじっくり見学。

子供向けのコーナーにはあの、「すごい実験」の作者である、多田将さんの姿があった。
写真にあったとおり、金髪で超長髪、ジーパンにブーツという服装にビックリ。
でも説明はとてもわかりやすく大きな子供である僕もじっくり説明を聞きこんでしまった。
こういう人が身近にいれば子供の科学ばなれも少なくなるのになぁ、と残念に思う。


すごい実験 ― 高校生にもわかる素粒子物理の最前線


しばらくすると、雨も小降りになったため見学に向かおうかと。
広大なキャンパスなので連絡バスに乗ろうと思ったが満員。
地図を見るとあまり遠くなさそうなので、仕方なく歩いて最初の目的地である「電子陽電子入射器」に向かうことにした。


次回へ続く。

« 暑いです | トップページ | KEK見学記 その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50421/55623741

この記事へのトラックバック一覧です: KEK見学記 その1:

« 暑いです | トップページ | KEK見学記 その2 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック