« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

読了

「神の素粒子」を読み終えた。

厚さも内容もかなり読みごたえがあり、加速器と素粒子の歴史についても学べる好著。

くわしくはあとでじっくりレビューしたい。

身の危険

身の危険を感じるほどに寒い。

帰宅時間くらいなら多分、外に30分もいれば凍死してしまう勢い。

寒さ対策をより念入りにしないと。

そろそろ花粉症の注射にも行かないと。

お気づきだろうか

賢明な読者のみなさまはすでにお気づきのこととは思うが、このブログの投稿時刻が23時59分になっているのは、たまたまそうなっているのではなく、1日遅れの投稿をごまかしていることを。

と、課題提起のみで終わってみる。

たまにはケータイで

投稿してみる。

文がうかばない。
うかんでも短い。

ようやく

金曜日

誰がなんと言っても金曜日

神保町 喫茶去

神保町 喫茶去

古民家を改造したカフェ。

たまたま近くに仕事ができたので、帰りによってみた。

珈琲は、深煎(濃)、中煎(中)、浅煎(薄)の3種類、はじめてなので中煎をセレクト。

豆は1杯ずつミルで挽き、ペーパードリップでていねいに入れたコーヒーは、苦味と酸味のバランスの取れた大人の味わい。

照明はやわらかい白熱灯(ひょっとしたら中身はLEDか蛍光灯かもしれないけど)、BGMはゆったりめのジャズ、店員さんは意表をついて若くてキレイな女性、レトロといえばあたりまえだけど木造家屋の素朴な風合い。東京の真ん中にこういう家が残っていること自体奇跡である。
落ち着くというより「ここで暮らしたい」という欲求にかられる。

年末からずっと仕事に忙殺されていて、あれこれ思案したりふりかえったりできないまま突っ走ってきたけど、これでいったんリセットできたと思う。

帰りは古書店をまわって駿河台下から御茶ノ水駅まで歩きましょう。
寒くなければ秋葉原まで歩きたいんだけど。

大勝軒 七福

大勝軒 七福

縁起のいい名前だ。

ラーメン(並)をいただく。
他の大勝軒系のお店と比べてスープが少し薄い感じがしたが、旨味はたっぷり。
麺を全部食べたあとではそんな感じはせず、ちょうどいい濃さになる。

おいしかったです。
ごちそうさまでした。(^-^)/

引き続き

毎日、帰りが遅い。

眠い。

でも、風邪をひきそうもないし、倒れそうでもない。気持ちの上ではとっくに倒れてるけど。

いつまで続くのか。

こんなかぶりもの

こんなかぶりもの

帽子探しの旅の果て、たどりついたというか買ったのがこれ。

素材は綿ポリ、折り返しても目立たないようにぬってある裏側、色はグレー。

こんなシンプルなのがなかなかなかった。

買ったのはイオン、税込み500円。
僕の人生なんてそんなものさ。

My Soul Food.

My Soul Food.

子供の頃から食べている、今風にいえばB級グルメ。

ここは大人になってから知ったお店で、お昼時に注文すると2時間待ちなんてことがあるけど、今日は3時過ぎのためあまり待たずにすんだ。

おやつにしてはちょいとヘビーだけど、お腹も心もいっぱい。

ごちそうさまでした。

ほぼコンプリート

ほぼコンプリート

日向敏文さんのアルバムCDが、廃盤を含めほぼすべて集めることができた。

時間とお金がそれなりにかかったけど個人的には大満足。

次はいよいよファンサイトの開設か。

404 page notfound

ページが見つかりません。

記事が投稿できなかった可能性があります。

らーめん 七琉門

らーめん 七琉門

ラーメン(並)をいただく。

カウンターバーのような店内、お酒あり。
カフェのような女性の店員さん。
でも、BGMとかはなくテレビがおいてある。

麺は浅草開花楼、一口目は魚系の甘みを感じ、だんだん動物系が主張してくるきざみタマネギの入ったスープ、肉は薄切りバラ肉をゆでたもので、トレードマークらしい黒いナルト。
ちなみに店名の読み方も、なると。

いろんなギャップがいいのか、そういうバランスがいいのか不思議なお店。

ごちそうさまでした。(^-^)/

首が

まわらない

下をむけるけど上をむけない

ふとしたはずみで右肩と首に痛みがはしる

明日は2か月ぶりの眼科検診

こんな状態ではたして診察できるのであろうか

今日も仕事で午前様

開運

開運

やっと手に入れた。

肖像権に配慮して、写真は小さめに。

でも、開運は大きめに。

1時間の攻防

遅い時間に帰宅してから寝るまでの間、約1時間。
このところ平日はずっとこんな感じ。

もちろん、もっと時間のあるときもあるが、その場合は帰宅時刻が早いのではなく、単に睡眠時間が短くなっているだけのこと。

はっきりいって短い。

ゆっくりくつろぐとか、のんびりお酒を飲む、なんてことができない。

さっと夕飯を食べて、あれこれ片づけて、次の日の用意をして、さっとお風呂に入ってすっと寝る。

あぁ眠い。

REDWOOD CABERNET SAUVIGNON 2010

REDWOOD CABERNET SAUVIGNON 2010

カルディでなんと300円。

りんごのコンポートを作るために購入、僕はあくまでもオマケというか、残ったワインをナポリタンとおいしくいただく。

ついでに同じのをもう一本、シャルドネも300円だったので買ってしまった。

かぶりもの

ここ数年、寒くなると手放せない、いや頭放せないのが帽子。

学生の頃から前頭葉をかくすためにたまにかぶっていたけど、最近は単純に寒いからかぶってる。

で、今の帽子がけっこうくたびれた感じなので新しいのを買おうと思い、あちこち探しているけどなかなかいいのが見つからない。

毛糸(アクリルも含む)はあまり好きではないため、ニット(今のはニット)かフリースくらいしか選択肢はなく、そもそも毛糸じゃない冬用の帽子自体あまり売ってない。

なので帽子探しの旅は続く。
(久々の旅シリーズか?)

今日もまた

ほぼ午前様。

もちろん、飲んでません。
仕事です。

雪印コーヒー 復刻版 Ver.1970

雪印コーヒー 復刻版 Ver.1970

また、こんなの買ってしまった。

パッケージには、

2012年に発売50周年を迎える「雪印コーヒー」。
初めて紙パック500mlタイプを発売した1970年当時のデザインと風味の基調を再現しました。
期間限定の特別な味わいをお楽しみください。

と書いてある。

この間飲んだのと同じ味(おそらく)、普通においしい。

横浜ラーメン 増田家

横浜ラーメン 増田家

ラーメン(並)をいただく。

しょうゆとんこつに中太麺、とろけるチャーシュー、ノリ3枚。

麺はかためにして正解。

ごちそうさまでした。

雪印コーヒー 懐かし仕立て

雪印コーヒー 懐かし仕立て


かなり久々のコーヒー牛乳ネタ。

パッケージには、

「雪印コーヒー」の1970年当時の風味基調を再現した、昔懐かしい味わいのコーヒー乳飲料です。

と書いてある。

風味基調ってのが微妙な言い回しだけど、1970年当時に小学生だった僕にとってしっかり甘いこの味は懐かしいというよりも普通においしい。

小江戸にて

小江戸にて

御膳をいただく。
見た目よりもボリュームありけっこうお腹いっぱい。

今日は風もなく絶好の街歩き日和。
いろいろ楽しい。

もてあます

こう休みが続くと、うれしい反面、時間をもてあましてしまうこともある。

毎日買い物に行くわけにもいかないし、かといって行楽地というのもねぇ、そういいつつ車検でお金がとんでいくし、あれこれ日用品がこわれてる、あぁ。

そんなこんなで3連休の中日は過ぎていくのであった。

それにしても

毎日寒いなぁ。

小寒でこれだから大寒になったらどんだけ寒くなっちゃうんだろう。

ぶるぶるっ。

ほぼ衝動買い

ほぼ衝動買い

元日にショッピングモールにある楽器屋さんで購入。

いつか買おうと考えていたけど、思ったよりも安かったためあまり深いことを考えずいきおいで買ってしまった。

あとからAmazonで調べたら、ずっと、いや、かなり、いや、大幅に安かった。ショック。

でも、いいんです。
自分がよければ。

あれこれいじって曲を作ろうっと。

2012年 初ラーメン

2012年 初ラーメン

「また、ラーメンかよ」
「ラーメンとか言ってるのに水じゃん」

とかいうツッコミには耳をかさず、今年もこりずにラーメンネタ。

ここは新橋の博多天神。
ラーメンをいただく。

普通のとんこつラーメンなんだけど、僕からすると、とんこつラーメンの味の基準というかここの味に比べてどうか?がとんこつラーメン評価の基準になっているのは確か。

今年も何度かくると思うけど、変わらぬ味とスピード、接客のテキトーさで僕を迎えてくれたら。

仕事始め

仕事始め

交通機関が思いのほかすいていたため、出勤前にコーヒータイム。

今年もいつも以上に忙しくなりそう。
でも、ビジネスにおいてもいい年にしたいなぁ。

平穏に

三が日は過ぎていきました。

明日から仕事。

新たな気持ちで

新たな気持ちで

午前中に初詣をすませ、午後になってから年賀状を出しにいく。
(関係者のみなさま、遅くなりすみません。ちゃんと送ってますから)。

その後、家から車で10分以内の場所にあるTULLY'Sで、ひとりのんびり読書タイム。

いつもと同じようなことを同じようにできるしあわせ。
確かに今年のお正月はいつものお正月よりもたくさん笑っている気がする。

いい年になりますように。

いや、いい年にしましょう。

新年

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック