« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

恵比寿で

飲んでます。

いや、飲み過ぎてます。

隠れ家カフェ

隠れ家カフェ

場所と店名は内緒。

静かな住宅街にある一軒家カフェ、店名にちなんだマイルドブレンドコーヒーをいただく。

木のぬくもりと香りにあふれた店内、BGMは静かめのクラシック、たぶん、家族経営なんだろうマスターとキレイな奥様、ハロウィンの帽子をかぶったおそらく娘さんのカワイイウエイトレスさん。

コーヒーはたしかにマイルドだけどしっかりコクもあり香り高くおいしい。

僕が長居したいカフェにはいくつか条件があって、それはお店の外観だったりインテリアだったりメニューだったりマスターの人柄だったりBGMだったりいろいろあるけれど、自宅のようにゆったりくつろげるというのではなく、少しよそいきでいい意味で緊張感のあるお店が好きなのかなぁ。

この付近は家から少し遠くにあって平日、休日問わずめったにこない場所にある。

次はいつこられるかなぁ、ケーキも食べたいけどおぢさんひとりだと気がひけるなぁ、ウエイトレスさんは娘さんなのかなぁ、とあれこれ考え過ぎていく日曜日の昼下がり。

土曜日は落とす

投稿できないんだよなぁ。

なので、日付巻き戻し。

新しい武器を手に入れた

新しい武器を手に入れた

ITにかかわることを生業としてい者にとって、パソコンのキーボードは仕事に欠かせない道具というだけでなく、重要な武器なのである。

キーボードによって、仕事の生産性やストレスが全く変わってしまう。マウスも同じ。
気にならない人も多いと思うけど、僕は合わないとダメなのである。

で、長いこと使ってたキーボードがかなり汚れてきたりなんとなく違和感を覚えるようになったため新しいのに買い換えた。掃除もたいへんだし。

今まで使ってたのは、テンキー付きの薄型で白い普通のキーボード。鉄板内蔵のメンブレン方式でキーピッチは19mm、キーストロークは3mmというスペックだった。(日本語めちゃくちゃ)

新しいのは、テンキー付きの超薄型でコンパクト、色はシルバー、カナ刻印なし、パンタグラフ方式でキーピッチは19mm、キーストロークは2.5mm。

僕はキーを強く打鍵しないし軽いのが好きなので、ようやく手になじむ感じのパンタグラフ方式が見つかった。しかもキーストロークは0.5mm浅くなってるし、わりと静かなのもいい。

アイソレーションキーも試したけど、イマイチなじめない感じだったので見送り。

今回特にこだわったのが、カナ刻印なしと白でないということ。
カナ入力なんて一生しないし白いのにもあきたので、黒とシルバーを比べて、よりストレスにならなさそうなシルバーを採用。

机においたら思いのほか小さかったので、かなりコンパクトだということを実感。

あとは、早くなれて生産性がバリバリ上がることを祈って。
って、祈るもんじゃないでしょ。

麺屋 はぐれ屋

麺屋 はぐれ屋

寒いけど日差しが暖かいそんな日、どんなラーメンを食べようかということで、ここに。

味噌つけ麺 大盛無料

麺は浅草開花楼、濃いめのミソと少しの酸味。

ごちそうさまでした。

寒い

なんなんだ、この寒さは。

東京オアシス

東京オアシス

ヒューマントラストシネマ有楽町で見てきた。

本作は過去の作品とは多少 趣が異なってはいるものの、共通のテーマになっている人と場所の関わりについて改めて考えさせられた。

もうここまできたら、寅さんのようにずっと続けてシリーズ化してほしいなぁ。

感動大作でなくていい、日常生活の中の等身大の何かがそこにあれば。

再掲につき

再掲につき

makorinのラーメン食べある紀(いつからそんなタイトルになったんだ)の方針として、同じお店は投稿しないことにしてる。

よって、店名紹介なし、ラーメン画像なしということで。

ごちそうさまでした。

ついに

ついに

映画「東京オアシス」が公開された。

いつでも行けるように前売り券を早めにget。

back date

そういうことです。
日付巻き戻し。

トナリ

トナリ

最近、有楽町駅近辺が多いなぁ。

ということで、トナリ 丸の内店で行列を楽しんだあとにタンギョウをいただく。

知っている人も多いと思うけど、タンギョウとは、タンメンとギョウザのセットのこと。

セットにはもうひとつ、タンカラというのがあり、これはタンメンとカラアゲのこと。僕は鶏肉が苦手なのでギョウザに。

さらに、タンギョウライスとタンカラライスという最強に満腹になるセットもあるが、これは無理なのでスキップ。

「生姜、入れますか?」
(J系のようにニンニクではない)

という店員さんの問いかけに、

「別皿で」 とお願いする。

前置きが長すぎた。

肝心のお味は、タンメンというよりもとんこつ風味のチャンポンのよう。
平打ち麺と大量の野菜、わりとあっさりしたスープ、間髪を入れずにアツアツのギョウザ(食べるの早すぎだよ)が胃袋を直撃し、別皿からまぶすおろし生姜がいいアクセントになって、いつの間にか完食してしまった。

すげー、満足感。

列に並んでいる時にオーダーを取りにきた店員さんにちょいと不安になったけど、席についたらあまり待たされることなく絶妙なタイミングで出されるギョウザ(こっちのオーダーは聞かないのにちゃんと合ってる)をアツアツのままほおばっていたら、ベストなタイミングでタンメンが目の前に。

さすがです。

またこようっと。

谷ラーメン

谷ラーメン

またまたガード下。

ラーメンをいただく。

どこまでもあっさりとしたスープ、中太麺は意外にかため、ボソボソしてるけど見た目よりはおいしいチャーシュー。

ごちそうさまでした。

21

21

EXCELSIOR CAFEにて。

新しいコーヒーを抽出中につき番号札は21。

仕事前であるが古本祭りで買った「遊」を読むことにしよう。今日もハードな一日だし。

型にはまったヤツ

型にはまったヤツ

学生の頃から慣れ親しんでるせいか、こういうテンプレートが大好きなのである。

これも、「仕事でもプライベートでも、使う機会があれば使うかも。」くらいの必要性だけど、持っているだけでウレシイ。

次は何を買おうか。

新角

新角

makorinのラーメン紀行(いつからそんなタイトルになったんだ)、初の立ち食い店、しかもガード下。

まぁ、こんな感じで。
(どんな感じだ)。

秋らしい

日々が続いていたと思ったら、忘れた頃にぶり返す残暑。

でも、ほんのちょっとうれしかったりして。

秋雨に

早起きしなくていい。

急ぎの用事はない。

寒くない。

暑くもない。

貴重な一日。

せたが家

せたが家

らーめんをいただく。

すっきりした魚介系スープ、懐かしい感じのちぢれ麺、香ばしいチャーシュー。とてもていねいに作っていることがわかる。

こういうお店がずっと残っていくんだろうなと思う。

おいしかったです。
ごちそうさまでした。(^_^)

いい年こいた

いい年こいた

おぢさんが、AKB48 SHOPに行ってきた。

店員さんがカワイイ。
また行こうっと。

この季節を

大切にしよう。

朝晩は少し寒いけど昼間は何をするにも快適。

デッキランチの内容

デッキランチの内容

こんなんでした。

ごちそうさまでした。

デッキにて

デッキにて

ココファームカフェのデッキにてランチをいただく。

暑くなく寒くもなく快適。

大台に

大台に

突入した今年のラーメン。
これで100食目。

そのわりにぱっとしないけど、ビールがおいしい。

ほぼ日手帳 2012

ほぼ日手帳 2012

つけ麺 七菜矢

つけ麺 七菜矢

こく豚らぁめんをいただく。

かなり濃厚なとんこつスープに大量のゴマと香りづけのニンニクがミックス。
麺は極細ストレート、うれしいトッピング、そして替玉無料!

名前のとおりコクはたっぷり。あっさり感は全然なくドロドロしているけれど意外に食べやすい。

おいしかったです。
ごちそうさまでした。(^-^)/

合掌

ひとつの偉大な才能が天に召された。

心よりご冥福をお祈りいたします。

珍々軒

珍々軒

昼間からチューハイとかビールを飲みながらたばこをスパスパ吸っているおじさんたちを横目で見ながら、タンメンをいただく。

スープの塩味と野菜の甘み、ちょっと入ってる豚肉がいいアクセントになっている。
なにより、強火でさっと炒めた野菜の香ばしさがきわだっている。きっと、フライパンがいい味してるんだろうな。

いつもあちこちでラーメンを食べていて、そのたびに新しい味に出会ったり、ちょいとがっかりしたりしているけれど、最終的にこういうラーメンに
戻ってくるんだろうな、としみじみ思う。

らーめん ぽっぽっ屋 本店

らーめん ポッポ屋 本店

らーめんをいただく。

細長い小麦粉のかたまりを食べているような麺、玉ねぎに救われた感じのするしょっぱいスープ、古さはともかくあまりぱっとしない店内、ちょいと?な対応の店員さん。

全体としてはキライぢゃないんだけどねぇ。

週のはじまりは

週のはじまりは

東京スカイツリーの足元(?)まではっきり見えるカフェラウンジにて、モーニングセットのチーズトーストをいただく。

今週もまたハードである。
水曜日に眼科通院はあるけれど、結局お休みにできなかった。

朝晩、めっきり寒い。
体調管理に気をつけましょ。

土日は

手抜きです。
平日にちゃんと投稿しましょう。

衣替え

暑くも寒くもない陽気、絶好の衣替え日和。

窓を開け、庭から運ばれてくるキンモクセイの香りでいっぱいになる。

例によって僕は5分もかからずおしまい。

今年の秋はどんな秋?

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック