« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

夢がかなう場所へ

ということで、5月1日は「夢がかなう場所」の海の方へ行くことにした。
僕は魔法の王国倶楽部(直訳するとあやしい感じ、Magic Kingdom Club)会員なので、ディズニーストアで日付指定のオトクなチケットは入手済み、これで入園がラクになる。

天気は晴れ、わりと暖かそう。

では、楽しい1日になりますように。
できれば自分のモノも買えますように。

2222

この数字を見て、「ピクニック」とか「チューリップ」というキーワードがうかんだアナタ、大好きです。

そういう方面の話題ではなく、時間のお話。

平日の帰宅途中にケータイで時間を確認すると、22:22。
家でパソコンの時計を見たら、22:22。

結構そんなことが多い。単なる偶然なんだけど。

ケータイ パスワード地獄

あぁ、ややこしい。

端末のパスワードとかロックナンバーとかお客様コードとかとか。

誕生日や住所、電話番号などの類推されやすい番号にしていないのがアダになり、かんじんな時に思い出せない、アクセスできない、3回連続失敗して翌日まで登録変更ができなくなる。

あぁぁぁぁ。

連休目前

でも、今年も特にお出かけの予定はなし。

ラフォルジュルネも結局、チケット取らず。

日帰り温泉とかねずみの国に行きたいのだけれど。
あぁ。

MEDIALUNA Cabemet Sauvignon & Melrot 2008

近所のお酒のディスカウントショップで480円で購入。

とても飲みやすくオトクなので、コーヒーカップでカジュアルにいただく。

ラベルより引用。
------------------------------------------------------------
ビーニャ・オチャガビア メディアルナ カベルネ・ソーヴィニョン&メルロー
ビーニャ・オチャガビア社は"現代チリワインの父"と呼ばれるシルベストーレ・オチャガビア氏が1851年に創設した由緒あるワイナリー。「メディアルナ カベルネ・ソーヴィニョン&メルロー」はブラックベリーやプラムのようなフルーツの香りに柔らかなタンニンが心地よいバランスのワインです。
------------------------------------------------------------

Medialuna2008

次の週に同じお店に行ったら、もう品切れであった。
やっぱりね、おいしいもん。

軽井沢でkitson

軽井沢でkitson
連休前の方が混雑してないと思い、アウトレットにきた。

新しいタイヤで高速道路も快適。(ETCついてないけど)

天気も快晴、そんなに寒くない。

写真は期間限定のショップ。
ここでトートバッグとかポーチとかあれこれ買い込む。
もちろん、僕のではない。

でも、今回は珍しく自分のモノも買う。
いいのがあってラッキー!

やっぱり、ここは好きだなぁ。

カセットテープとの別れ

思えば長いつきあいだった。

学生の頃から録りためたカセットテープ(もはや死語?)の一部。
思い入れもあることだし、複数回にわたる事業仕分け(大掃除)にも耐えて今日まで捨てられずにいた。

ちゃんと動くカセットデッキはあるので聞くことはできるけど、
「さすがに、もう聞かないだろう」というカセットテープをまとめて整理した。

Ctape2

せっかくなので、ジャンルごとに並べて本数を数えてみた。

(1)日本語の歌モノ ・・・ 26本
(2)インスト      ・・・ 25本
(3)洋楽の歌モノ  ・・・ 15本
(4)スネークマンショー ・・・ 2本
(5)へヴィーメタル ・・・ 3本

歌モノ(ニューミュージック(死語))とインスト(ジャズ、フュージョン)がほぼ同じ本数だし、へヴィーメタルもある。
昔から音楽の嗜好(指向、方向性)が無茶苦茶だったと改めて気づく。

この写真を撮った後、この数倍のカセットテープが我が家の奥の方から発見された。
どうしようか。

手抜きでした

忙しさにかまけてました。
来週はちゃんと。

最近こればっかり

近くに誰かいる時はイヤフォンだけど、家でパソコンを使っている間はずっとこれを聞いている。

インターネットラジオ Ottava

こんな魅力的なプログラムが無料なんて、さすがTBSさん。太っ腹!

社会インフラの整備による住民幸福度の向上

うれしいなぁ。
近くにこんな施設があるなんて。

これからたびたび利用することになるであろう。

僕の幸福度はかなり向上。

待ち遠しいもの(こと)

楽天で買ったステンレスボトルの到着。

録画したテレビ番組が見られる日。

4月に発売されるという情報をキャッチした信三郎帆布のビジネスバッグの販売。

冬物をクリーニングに出せる日。

無印良品の「季節の品のお買い得」。

春物のカットソーが着られる日。

auのスマートフォンのリリース。

あのラーメンをまた食べに行ける日。

気ガカリなことの解決。
(深刻なことではない)

地球に平和が訪れる日。

寒くない

平年並みの気温が続くようになり、今度こそ春の訪れか? と思ったら、またまた寒くなるらしい。

桜の木から薄ピンクの色はすっかり消え、勢いのある若葉はまだ少し遠慮がち。

明日は二十四節気の穀雨。

冷たい雨がいつの日かの恵みの雨になりますよう。

タイヤ交換

タイヤ交換
車の走行距離が3年と3ヶ月で38000kmを越え、ノーマルタイヤの交換が必要となり、スタッドレスからのはき換えに合わせ新しいタイヤに交換。

2件ほどカーショップを見て安かったイエローハットで一番安いのにした。特にブランドにこたわりはないし、性能には大差がないとのコトなので。

予約がいっぱいなため昼間はできず、日曜日の夕方、休憩室でちびまる子ちゃんを見ながら車の雑誌を見ながら、交換作業を待っている。

あぁ、お腹へった。

今、季節は何?

なんちゅー季節やねん。
暑うなったり寒うなったり、もうなんとかしてくれへんか。

と寒さのあまり錯乱ぎみ。

もう帰りたい

仕事がまるで終わらないのであるが、もう帰りたい。

明日はたまったテレビ番組を一挙に見られれば...と思うけど。
買い物にも行かねばならないし、先週からの中片付けも終わってないし、いろいろ処分したいものもあるし、寝坊したいし、もう考えただけで...。

生きてます

あまりに忙しすぎてまともな投稿ができてません。

でも、ちゃんと生きてます。

花びらが散ったあとの

花びらが散ったあとの
♪桜がとても 冷たく されるように

僕は冷たくしません。

こうやって写真に残します。
不鮮明だけど。

こんな日は

ブログのネタがない。
特に寒くも暑くもない。
イベントもない。
じっくり考える時間もない。

こんな日はさっさと寝てしまいましょう。

春はどこへ行った?

春はどこへ行った?
とっても寒い。

Where have all the spring gone, long time passing?
Where have all the spring gone, long time ago?
Where have all the spring gone?
Young girls have picked them everyone.
Oh, when will they ever learn?
Oh, when will they ever learn?

関係者の方は、spring を flower に替えてくださいませ。

心の味

心の味
もりそば

大勝軒(のれん分けしたお店)が近くにできた。

う〜ん、この味だ。
お腹も心も満たされる。

常連客になろう。

ファルコンと呼んでおくれ

必要があって携帯サイトの画像をPCに取り込んでケータイに登録した。

詳しく説明しよう。

FireFoxをインストール
FireFoxアドインをインストール
アドインの端末設定を追加
サイトにアクセス
必要事項を入力してログイン
表示された画像を保存
画像をケータイAにメール添付で送信
ケータイAからケータイBに赤外線で画像を送信

最初、FireFoxアドインの存在を知らず、Openwaveで英語のサイトを見たり英文のReadmeを読んだりしていた。
Openwaveのログが次々に表示された。もちろん英語。
そうして徐々にターゲットにせまり、ついに「捕獲完了」。
まるでハッキングのようだ。

ということで、誰も感謝してくれないので、自分で呼んでみる。

ファルコンと呼んでおくれ。

おぢさんの味方

おぢさんの味方
これはもう、おぢさんだけの味方ではない。
国民の味方と言っても過言ではない。

毎週こうだとうれしいのになぁ。

行列だとか店内がめっちゃ混んでるとか店員さんの対応がいいかげんだとか、そういう小さなコトは気にしない。
って、気にしてんぢゃん。

1番

1番
モスバーガーのテイクアウト、番号札1。

今日は私的な用事でお休み。
新しい出発の日に1番は縁起がいいかなと。

桜はまさに満開。今年は長いこと咲いているので、とってもうれしい。

空気は冷たいけど、晴れた空、まばゆい日差し。本当の春はもうそこまで。

in the rain

I'm waiting for a ...

It's cold today and so tired.

最強の文具活用術

Nikkei_asocie_20100420_2

こういうタイトルの本や雑誌を見つけると、買わずにはいられない。

文房具マニアを自認する僕にとって、ほとんど知っている内容ばかりだけど、雑誌ならではの深い記事と一覧性は大きな魅力であり買う価値は十分にある。

その結果として文房具を本当に使いこなしているとか、成果が出ているのかと聞かれたら、とっても答えにくいのだけど、こりずに今日も新たな文房具と使い方を探して放浪の旅を続けるのであった。
(旅してませんってば)

桜雨

桜雨
冷たい雨に打たれて桜の花も寒そう。

早くいい天気になって鮮やかな色を見せてほしいなぁ。

近くにあるのに

桜である。

近所の桜はほぼ満開なのであるが、なかなか花見というわけにはいかない。

車でとおるたび「キレイだなぁ」、と感動して終わる程度。

明日は二十四節季の清明、万物がすがすがしく明るく美しいころ。

そういう気持ちをずっともっていないとなぁ。

6月まで待てない

とある用事でauショップに行ってきた。

ついでに、というか個人的にはこれが結構大事だったりするのであるが、先日発表されたスマートフォンの情報をショップの店員さんに聞いてみる。

発売が6月なので店頭に並ぶのも6月。
auはスマートフォンの分野では最後発であり、かなり力を入れている。

たいした情報ぢゃなかった...

でもいいのである。早く6月になればと思う僕であった。

3年前のコルボさん

3年前のコルボさん
NHKで放映された2007年ラフォルジュルネの演奏を録画して見てる。

指揮は、ミシェル・コルボ
曲は、フォーレのレクイエム
心に響く。

いいなぁ。
今年のラフォルジュルネはやっぱり予約しようかな、と時すでに遅いかも知れないけど。

新橋古本まつり

新橋古本まつり
今回も盛況である。

思いがけず掘り出し物の本にめぐり会えるとか、値段をあまり気にせずたくさん買えるとか、古本まつりの楽しみはいろいろあるけれど、今回の僕の目的は2つ。

1.ずっと探している岩波文庫の絶版本の発掘。
2.普段、買わないジャンルの本を衝動買い。

ということで、お店(テント)のすみからすみまでじっくり捜索。

結果として絶版本は見つからず、知らない作者の文庫本と新書を買う。全部1冊100円、作者は女性。なぜだ?

ちなみに、開催は4月3日まで。
ステキな本とめぐり会いたい人は新橋へ急げ!

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック