« また 白いものが | トップページ | 雨上がりの夜に »

僕のメモツール

思えば、学生の頃からたくさんのメモを使ってきた。
京大式カードを使ったり、バイブルサイズのリフィルをジョッターに入れたり、アメリカ製リングノートを何冊も試してみたり、無印のノートを使ったり、あれこれと試行錯誤してはみたものの、どれもみな中途半端で使いこなすにはほど遠い感じであった。

それがようやくというか、ついに理想的なメモツールを手に入れることができた。
Muji_rhodiano11_2

こういう組み合わせ

BLOC RHODIA No.11 (A7サイズ)
無印良品 麻 メモカバー
George's 木軸ボールペン S

なぜ、こういうふうにしたかというと、メモと筆記具を一緒にしないと使いたい時にさっと使えず、結局今までと同じことの繰り返しになってしまうため、どうしてもメモと筆記具を一緒に。
取り出す時のことを考えボールペンのクリップをメモカバーにさして、ペンをさかさまに入れた。
シャープペンにしなかったのは、僕の筆圧が弱いため急いで書くと字が見えない、という理由によるもの。

RHODIA No.11のカバーはいろいろ売っているけど、素材が革だったりビニールだったりと全然買う気にならない。
でも、この時に買った無印のは麻なので「素材感」が僕の好みにピッタリ。

さかさまに入れたボールペン。元々の芯はニードルポイントという細字の黒。インクはソフト水性らしいが、僕には合わない書き心地なので、中身をハイテックCのゲルインキボールペン替え芯、超極細0.4mm、ブルーブラックに換装。このままでは軸に収まらないため、先っちょを少し切るとなんとか入る長さになった。
細さは僕好みだし、なんといってもなめらかな書き味がとっさの時のメモに最適。

・仕事の時、とっさのメモ用
・ふと思いついたアイデアの記録
・本に書いてあった名言
・ブログのネタの備忘録
・買い物のメモ

などなど公私、平日休日問わず使っている。

本当はケースを自分でデザインしてここに作ってもらうつもりでいたけど、満足できるカタチになったので、それはまた別の機会ということで。

さぁ、メモツールを手に入れたことにより、仕事の効率は上がるし、ブログはますます面白くなるし、自己啓発はバッチリだし、というようになればいいな。

« また 白いものが | トップページ | 雨上がりの夜に »

買い物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50421/47549601

この記事へのトラックバック一覧です: 僕のメモツール:

« また 白いものが | トップページ | 雨上がりの夜に »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック