« Somewhere Down the Road | トップページ | ニコニコボール »

テレビ報道について考える

前々からであるが、このところテレビの報道が異様な状態になっている。

一部の有名人の報道が我が国の代表の報道よりも大きく、しかも頻繁に取り上げられている。

テレビ局は公器とはいうものの、民間である以上、利益の追求は至上課題であり、視聴率とスポンサー様の意向により報道方針は大きく変わってしまうもの。数字を稼ぐためにはスキャンダラスで低俗、まやかしの良心をことさら強調し、何のインテリジェンスもないニュースを手を変え品を買え垂れ流すのが手っ取り早くて効果的なのであろう。

これでは異様をとおり越して異常である。

我々の見たいニュースはどこにある。
知りたい情報にはどうやればアクセスできる。
もっというと、僕の見たいテレビ番組はどこにもない。

« Somewhere Down the Road | トップページ | ニコニコボール »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50421/46599554

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ報道について考える:

« Somewhere Down the Road | トップページ | ニコニコボール »

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック