« 明治・大正・昭和のラベル、ロゴ、ポスター | トップページ | ねこにゃんとの対話で振り返る5周年 »

日向敏文 いつか何処かで (2)

アルバムの全体像が少しずつ明らかになってきた。

いろんな所から引用しているため、リンク元名は省略。

------------------------------------------------------------
収録曲
(1) Walk With Me
(2) Turn The Light Low
(3) Meet Me On The Corner
(4) Cinema 57
(5) Ballet in blue 他

「東京ラブストーリー」を始め数々のサウンドトラック、CMを手掛け、最近ではTV音楽は10年振りとなるフジTV月9『ブザービート』(7月~9月放送)の音楽を手掛け注目される、日向敏文の14年振りとなるファン待望のオリジナル・アルバム!!
ゲストに「ひだまりの詩」(作曲:日向敏文)の藤田恵美(ル・クプル)を迎え、ハートウォーミングな楽曲で構成されたアルバム。日向敏文の音楽は聴くたびに色々なラブ・ストーリーのワンシーンを想い出させる。
映画や小説のワンフレーズだったり、旅先で見た光景であったり。
まさに「音で描く物語」である。
そして日向の音楽は聴く人をこころの避暑地に誘う。
------------------------------------------------------------

とりあえず予約完了!

« 明治・大正・昭和のラベル、ロゴ、ポスター | トップページ | ねこにゃんとの対話で振り返る5周年 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50421/46034249

この記事へのトラックバック一覧です: 日向敏文 いつか何処かで (2):

« 明治・大正・昭和のラベル、ロゴ、ポスター | トップページ | ねこにゃんとの対話で振り返る5周年 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック