« 今年も不作 | トップページ | 素足の僕 »

コンピュータ博物館

こんなバーチャル博物館があったなんて、知らなかった。

コンピュータ博物館

以下、ホームページより引用。
--------------------------------------------------
当博物館は,日本の歴史的コンピュータとその開発に携わった人々に関する史料を集めたバーチャル博物館です.1956年にわが国最初の電子計算機FUJICとETL Mark IIIが作られてから半世紀が過ぎましたが,この間に作られた多くのコンピュータの写真と解説を始めとして関連史料多数が掲載されています.「温故知新」といいますが,これらの史料から将来へのヒントを得ていただければ幸いです.
--------------------------------------------------

懐かしいなぁ。
僕がコンピュータと関わってきた歴史と思い出がそこにある。
年がバレてしまう...

高校生の時に初めてさわった汎用コンピュータ
・主記憶:64KByte、磁気ドラム記憶容量:262,144Byte、磁気ディスクパック:5MB。
・プログラムは紙テープかカード。
・大変だったぁ。

高校の同級生が持っていたパーソナルコンピュータ
・NEC、TK-80
・日立、ベーシックマスター MB-6880
・シャープ、MZ-80K
・僕はこれを買うお金がギターに化けてしまったので持ってない。

大学生の時に昼夜(寝食?)を共にしたパーソナルコンピュータ
・NEC、PC-9801

さまざまな思い出 priceless

関係者のみなさま、じっくり見て思い出にひたってください。

« 今年も不作 | トップページ | 素足の僕 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50421/45357620

この記事へのトラックバック一覧です: コンピュータ博物館:

« 今年も不作 | トップページ | 素足の僕 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック