« 記事が消えた | トップページ | 1週間は長かった »

本郷 万定フルーツパーラー

本郷 万定フルーツパーラー
ここは時がお休みするところ。

東大赤門の近くにある、それはそれは古い喫茶店。

お昼時に近くに行く用事があったため、ちょいとタイムスリップ。

店内はお昼時にもかかわらずゆったりしていてお客も少なく、カウンター席に座りカレーライスを注文する。
ほどなくしてカレーライスが目の前に。

丸いお皿がカレーとライスにキレイに分かれている。円グラフにたとえると、きっちりカレー50%、ライス50%で福神漬はライスに含まれている。

さっそく味わう。
僕らが普段食べているカレーとはだいぶ違う。胡椒やいろいろなスパイスの辛さではなく、唐辛子の辛さのようで、スープのようにさらさらしているがとってもおいしい。こういうレトロなお店を表すのにありがちな、「初めて食べたけど懐かしい味」、というのではなく、「本当に初めての味」なのである。

食べ進むうちに顔がじんわり汗ばんできた。やはり香辛料(スパイスでなくあえて香辛料と言いたい)がきいているのだろう。量は見た目ちょいと少なめかなと思ったけど、なかなか食べごたえがある。

食べ終わっても店内はまだ空席ばかりで、新しいお客も入ってこない。
ゆっくり食後のコーヒーでも楽しみたいところであるが、あまり時間もないため早々と席を立つ。

会計は骨董品のような年代物のレジで。
ごちそうさまでした。

« 記事が消えた | トップページ | 1週間は長かった »

食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本郷 万定フルーツパーラー:

« 記事が消えた | トップページ | 1週間は長かった »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック