« バッハの素顔展 | トップページ | バッハの素顔展リターンズ »

来年はショパン

新聞報道によると、2010年のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンのテーマはショパンらしい。

そっかぁ、予想どおりだなぁ。

確かにショパンなら演奏時間の短めな曲が多いと思うし、日本人にもなじみはあるし、LFJにはもってこいであろう。

ただ、それだけでは編成が単純すぎるしピアノ曲主体ではバラエティにも欠けてしまうため、あきてしまい何日間にもわたるプログラムを作るのは至難のわざとなる。

どんな風に料理するかは、アーティスティック・ディレクターであるルネ・マルタン氏のウデの見せどころであろう。
彼はピアノオタクというウワサもある。期待できるかも。

« バッハの素顔展 | トップページ | バッハの素顔展リターンズ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来年はショパン:

« バッハの素顔展 | トップページ | バッハの素顔展リターンズ »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック