« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

怒涛の読書録2008

今年の目標のひとつとして、たくさん本を読むというテーマを自分に課していた。
結果として「たくさん」読むことはできたものの、はたして「身についた」か、「ちゃんと理解した」か、「自分の知識になった」かは、はなはだ疑問ではあるが。

以下、おおよそのジャンルごとに読んだ冊数、書名、筆者をまとめてドーン。


パソコン・インターネット(4)
・CORE MEMORYヴィンテージコンピュータの美 John Alderman文 Mark Richards写真 鴨澤眞夫訳
・ヤフオクで儲ける100のルール 桜井もえ/根本亮太
・2ちゃんねるはなぜ潰れないのか ひろゆき(西村博之)
・グーグルGoogle、既存のビジネスを破壊する 佐々木俊尚

小説、エッセイ(4)
・青年の完璧な幸福 片岡義男
・ほんじょの鉛筆日和 本上まなみ
・かもめ食堂 群ようこ
・二十億光年の孤独 谷川俊太郎

勉強、自己啓発(21)
・大人の教科書理科の時間 大人の教科書編纂委員会編
・大人の見識 阿川弘之
・図解雑学よくわかる量子力学 夏梅誠・二間瀬敏史
・面白いほどよくわかる数学の定理 伊藤裕之
・理系思考 元村有希子
・雑学3分間ビジュアル図解シリーズ、電子 由崎一監修
・知的創造のヒント 外山滋比古
・不勉強が身にしみる、学力・思考力・社会力とは何か 長山靖生
・「微分・積分」を楽しむ本 今野紀雄
・自分のDNA気質を知れば人生が科学的に変わる 宗像恒次
・こんなことまでゲノムで決まる 中込弥男
・仮説力 竹内薫
・女房を質に入れるといくらになるのか?-投資理論や会計学でみる結婚・家族の正体- 永野良祐
・吉野家の牛丼280円革命、安部修仁インタビュー 構成=槇野咲男
・ささる日本語 - 目からウロコの人生論 日垣隆
・親より稼ぐネオニート~「脱・雇用」時代の若者たち~ 今一生
・悪の人心掌握術『君主論』講義 金森誠也
・心理テストはウソでした 村上宣寛
・娘は男親のどこを見ているか 岩月謙司
・ジャパネットたかた、思わず買いたくなる"しゃべり"の秘密 金子哲雄
・入門テクニカルライティング 高橋麻奈

趣味(24)
・くつろぎを知る大人の骨董生活入門 安河内眞美
・ひんなり骨董 菊池信義
・暮らしの中に活かす骨董入門 吉田新一
・きらくに骨董 佐和みずえ
・骨董自在ナリ 勝見充男
・アンプ&ラジオ作例集 オーディオクラフト・マガジン編集部編
・真空管アンプの製作へ誘う本 CQ出版社
・音楽がもっと楽しくなるオーディオ「粋通」入門 石原俊
・よくわかる最新の音響の基本と仕組み 岩宮眞一郎
・アナログな日々ときどきモバイル 牧野茂雄
・知っているようで知らない音のおもしろ雑学事典 「音」雑学研究会
・かまわぬ手ぬぐい百科 河出書房新社編集部
・かまわぬの手ぬぐい使い方手帖 河出書房新社編集部
・暮らしの手ぬぐい暦 佐々木ルリ子
・和暦で暮らそう 柳生博と和暦倶楽部
・懐かしの縁日大図鑑 ゴーシュ編
・ミニカーからすべてを学んだ 森永卓郎
・昭和『のりもの』ヒーロー 藤田馨
・頑張る日本の文房具 「シリーズ知・静・遊・具」編集部
・伝説のプラモ屋、田宮模型をつくった人々 田宮俊作
・ホーローの旅 泉麻人・町田忍
・京都なるほど事典 清水さとし
・京町屋づくり千年の知恵 山本茂
・驚異の鞄活用術 太田垣博嗣

建築・カフェ(6)
・未完の建築家フランク・ロイド・ライト Ada Louise Huxtable 三輪直美訳
・建築ガイドブック、フランク・ロイド・ライト Arlene Sanderson 水上優訳
・喫茶店百科大図鑑 沼田元気
・女子の古本屋 岡崎武志
・東京、古本とコーヒー巡り 散歩の達人ブックス、大人の自由時間
・ヨーロッパの都市はなぜ美しいのか 佐野敬彦

音楽(29)
・J.S.バッハ時代を超えたカントール 川端純四郎
・J.S.バッハ 辻荘一
・バッハ、-生涯と作品- Werner Felix、杉山好訳
・わが魂の安息、おおバッハよ! 鈴木雅明
・図解クラシック音楽大辞典 吉松隆
・カラヤンとフルトヴェングラー 中川右介
・ヴィルヘルム・フルトヴェングラー権力と栄光 Gerard Gefen 下澤和義訳
・クラシックがわかる超名盤100
・心に効くクラシック 富田隆・山本一太
・ビジュアルで楽しむクラシック名曲案内 加藤浩子
・新音楽鑑賞法名曲に何を聴くか 田村和紀夫
・宇野功芳の「クラシックの聴き方」 宇野功芳
・音楽のある知的生活 渡部昇一+玄一
・音の影 岩城宏之
・癒しの楽器、パイプオルガンと政治 草野厚
・スタインウェイ戦争 高木裕・大山真人
・ラ・ピアニスタ 熊本マリ
・儲かる音楽損する音楽 持田騎一郎
・超ブルーノート入門完結編 中山康樹
・意味がなければスイングはない 村上春樹
・ジャズの巨人たち Studs Terkel 諸岡敏行訳
・知っているようで知らないジャズ名盤おもしろ雑学事典 小川隆夫
・中央線ジャズ決定盤101 監修明田川荘之
・名曲の「常識」「非常識」、オーケストラのなかの管楽器考現学 佐伯茂樹
・ボサノヴァ B5ブックス(林伸次・保里正人)
・放課後の音楽レッスン 大橋悦子
・フォークソングされどわれらが日々 週刊文春編
・サウンド・エシックス、これからの「音楽文化論」入門 小沼純一
・StGIGA編成総論、夢の潮流 横井宏

食べ物(2)
・ラーメンの誕生 岡田哲
・ラーメンを味わいつくす 佐々木晶

飲み物(6)
・ワインをめぐる小さな冒険 柴田光滋
・バッカスが呼んでいる 本間千枝子
・知識ゼロからのワイン&チーズ入門 弘兼憲史
・美酒楽酔・飲めば天国 「世界の名酒事典」編集部編
・スタア・バーへようこそ 岸久
・酒乱になる人、ならない人 眞先敏弘

その他(12)
・何はさておき ナンシー関
・ナンシー関超コラム、テレビCM編 ナンシー関
・地下鉄の友 泉麻人
・通勤快独 泉麻人
・こんな生活 太田垣晴子
・書いて稼ぐ 鳩よ編集部
・とっておきの気分転換 廣瀬裕子著、杉浦さやか絵
・唐沢俊一の裏モノ見聞録 唐沢俊一
・専業主婦の私が1億円社長、ダンナが専務 鈴木ゆり子
・会社にバレずにおこづかいを稼ぐ方法 日本副業フォーラム編
・世界の日本人ジョーク集 早坂隆
・ニセモノはなぜ、人を騙すのか 中島誠之助

合計108冊


最後まで読んでいただきありがとうございます。
あいかわらずすごく偏った読書傾向なのでこれは来年のテーマとしよう。


本年も当ブログにおいで頂きありがとうございました。

来年がみなさまにとって良い年になりますように。 makorin

忙しいのだ

なので、今日の投稿は手抜き。

今年のジャズ喫茶納め(多分)

今年のジャズ喫茶納め(多分)
先週の演奏会は「心の大掃除」、今日は「心の仕事納め」ってな感じ。
(ホントに仕事納めだけど)

ということで、なんとか今年の分は一段落したので、某地方都市にあるジャズ喫茶でアメリカンをいただく。

今日は何人も先客がいたけど、マスターは僕の顔を見るなり、「アメリカンですね。」と。
おーっ、僕もついに常連の仲間入りか?うれしいー。

で、いつも座る窓際の席が空いてなく店の中央にある席に座る。ゆったり感はないけれど、その代わりスピーカーのセンターに位置することになり、音の具合はとってもいいし、ちょいと右手を伸ばせばドラムセットに手が届く。

流れる曲もうれしいことにビアノトリオ中心で、バラードからスピードにあふれる曲まで、臨場感いっぱい。
いつもよりかなり早い時間なので、あわてて帰る必要もない。ゆったりとした時が流れる。

来年の仕事始めもここだけど、今日みたいにゆったりとした気持ちで迎えられますように。
と軽く願い店を後にした。


相性(BlogPet)

きょうmakorinは、相性へ静止したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「ねこにゃん」が書きました。

GLADIUM TEMPRANILLO JOVEN 2007

スペインワイン。

濃いルビー色、甘い香り、さらっと口に入って、ちゃんと凝縮味があり、後味も長め。

1日目はわりと重たい感じ。メンチカツと一緒に頂く。

2日目は華やかな香りが引き立ってきた。味も複雑になって、パンとチーズとの相性もよし。

葡萄:テンプラニーリョ
色:赤
タイプ:ミディアムボディ

Cimg0399_2


ほぼ日手帳2009

ほぼ日手帳2009
本体をようやくGET。

いろいろなところが改良されている。

使うのが楽しみ。

宇宙からクリスマス

大学時代の恩師からクリスマスカードがメールで届く。

Mo_02

このメールは、はるか宇宙の36,000kmの静止軌道をまわっている超高速イ
ンターネット衛星「きずな」(WINDS)を経由して、あなたに届けられています

このメール送信は、超高速インターネット衛星「きずな」を使ったE-Mail伝送
実験に参加した、恩師様からのご依頼によりお送りしました。

Merry Christmas from Space
You have received this e-mail from the high speed internet communicatio
n satellite "KIZUNA", which is in orbit 36,000km above Earth.
Onshi applied to JAXA for you to receive Season's Greetings fr
om space.

※「きずな」がどのような人工衛星か知りたい方は、JAXAホームページをご
覧下さい。
http://www.jaxa.jp/
宇宙航空研究開発機構(JAXA)

クリスマスの約束2008

じっくり見る。
会場に行きたかったなぁ。

みんな、見てる?

画像はTBSのホームページから借用し加工。

Xmas2008


津田ホールにて

津田ホールにて
華やいだ中にも落ち着きのあるクリスマスツリー。

小林道夫チェンバロ演奏会
J.Sバッハ:ゴルドベルク変奏曲 BWV988

僕にとっての心の大掃除。
CDでしか聴いたことがないあの曲が今、僕の目の前に。

ゆったりとした主題アリアから始まり、第1変奏へ。予想(期待)していたより、かなり早いテンポのためか、チェンバロの音がはねている。まるでクリスマスをお祝いするかのように。

そのまま一気に曲の世界に引き込まれてしまいあっという間に第15変奏となり休憩時間。

後半も繊細かつ大胆に最後の主題復帰まで一気に駆け抜ける、躍動感にあふれた演奏。

アンコールはなんと2回。小林さんから、「クリスマスイブをわざわざつぶしていただきありがとうございます。」との言葉に、かなり平均年齢の高い会場も大笑い(苦笑?)。クリスマスにちなんだコラールとBWV701(曲名失念)の2曲を演奏していただく。

あー、一年分の心の垢が全部落ちた感じ。

これで新しい年も心おだやかに迎えられることであろう。
まだ仕事あるけど。

今年のイブには

これに行くのである。

えぇ、もちろんひとりですけど 何か。

20081224

年末にやること

すいません。

あまりに面白かったので他の方のブログをパクってしまいました。
わけわからんのはみなさまのご想像にお任せします。
って、なんでやねん。

xmas   cake   present   postoffice   car   atm   cafe   gasstation   bicyclewrench自転車修理   carouselpony   fish   book   pen   dash   

ふーっ。

楽しいこともそうでないことも、うまくこなして行きたいもの。
当初9連休の予定が6連休(多分)になってしまったこともあるし。

暖冬至

なんという暖かさ。

昼間はコートなしで全然OK。

今年もあと10日。泣いても笑っても。

年末気分を盛り上げてみる

年末特有のちょいと浮かれた気分になかなかならないので。

TVガイドを買ってみようと思う。 まだ買ってないのがセコイ。
2008年の10大ニュースの記事を見る。 いろんなことがあったなぁ。
スーパーのチラシをじっくり見る。 高級おせちが好評らしい。
年賀状のデザインを考え始める。 なかなか決まらない。

うーん、まだまだ。

年末年始の予定

毎年わりといつもこうなのであるが、予定がたたない。

やりたいこと、行きたいところはあるが、それも...

っていうか、その前にクリスマスがある。
こっちもだいたい未定なので困った。
これもいつもこうなのであるが。

富士山麓

富士山麓
樽熟50°

ラベルより引用
---------------------
澄んだ飲み口、甘い樽熟香、心地よい余韻。
清らかで奥深い味わいをお楽しみください。
---------------------

お気に入りのショットグラスで、もちろんストレートで味わう。

やはり、強い酒が好きなのである。

Gyaoを見ながら夜はふけていく。
(早く寝なさいってば)

本日充電日

放電しきってしまったの感じなのでお休みを頂く。

充電する。正しくは寝だめ。

ふたたびローカル線にて

およそ3週間ぶり。
気持ちの上では何ヶ月もたっている。

街路樹の葉はもうほとんど散ってしまった。
落ち葉に埋もれていた舗道はすっかりキレイになっている。

空気は冷たい。風がないのがせめてもの救い。

乾燥(BlogPet)

きのう、発表された。
それで発見したかも。
でも、makorinと、経済面っぽい乾燥したかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「ねこにゃん」が書きました。

年賀状の季節

今日になってようやく年賀はがきを買ってきた。

はたして元日に届くか?

ブログをご覧の関係者のみなさま、もし年賀状の到着が遅れたらごめんなさい。

今年(来年)はちゃんと出せますので。

一日仕事

一日仕事
大掃除の一環として、家の障子とふすまを張り替えたら、なんだかんだと1日かかってしまった。

写真はふすまの柄。淡い色がやさしい感じ。

2008年、今年の漢字は、「変」に決定。

なるほどね、良くも悪くも変化の多い1年であった。

今年の漢字

明日、12月12日には毎年恒例の「今年の漢字」が発表されるが、それを先取りして今年の僕の漢字を発表したい。

「欠」

ホントに今年はいろいろ「欠」だった。

経済面はもちろんのこととして、時間が「欠」、心のゆとりが「欠」、友人知人への義理が「欠」、思いやりが「欠」、前頭葉の髪の毛が「欠」。などなど。

ちなみに「欠」は「あくび」と読むらしい。そういえば、いつもあくびしてたなぁ。

八ヶ岳コーヒー

特に可もなく不可もなく。

Yatsugatake_coffee_500

12月の雨

パリパリに乾燥した空気が湿度をまとい、少しやさしくしかし冷たく僕らに降ってくる。

街を彩るイルミネーションも水滴というフィルターをとおし、心なしか暖かく見えたりする。

コートを着込むのにもいつの間にか慣れ、気がつくと今年の日曜日もあと3回。

まだできることはあるはず。

やらなければならないことはたくさんあるのだから。

帰れない

年末のせいなのか、仕事がたまっているせいか、効率が悪いせいか、はたまた仕事が好きな(?)せいか、とっても忙しい。

月曜日にしてすでにヘロヘロ感が...
それは二日酔いかもしれない。
反省しなさい。 > 自分

酉の市の光景

酉の市の光景
昔に比べて夜店と人が少なくなったとはいえ、おらが村(市だけど)では一番にぎわうお祭り。

今年1年の感謝と来るべき年に願いをこめて。

おらが村の酉の市

おらが村の酉の市
12月6日は酉の市。

子供の頃からこの日は寒いと相場が決まっていて、案の定、寒風が吹きすさぶ中で金魚と格闘中。

それでは涼しげな画像をお楽しみください。

って、何やってんだか。

NOSTRADA Garnacha 2007

スペインワイン。

ノストラーダ・ガルナッチャ Nostrada Garnacha

濃い目の赤。
フルーツを思わせる香りと甘さと酸味。
でも渋味もちゃんとある。

気軽に飲めるけど、なかなか奥深いワインである。

Cimg0383


たまにはブレンド

たまにはブレンド
CAFE de CRIE 市ヶ谷東店にて。

今朝はアメリカンでなくブレンド。
木曜日ということもありちょいとお疲れモードに入っているアタマに、コーヒーの苦味がうれしい。

BGMはクリスマスソング。
街は本格的にクリスマスモードに入っているが、ウチはまだ何の準備もしていない。

はたして今年はサンタクロースは来るのであろうか。ちゃんと煙突掃除しておかないと。
(って、煙突なんてないってば)

今日の雷門

今日の雷門
朝から修学旅行の生徒でいっぱい。

みんな楽しそうに写真を撮ってる。

東京の楽しい思い出がみんなの胸に残りますように。

完成した(BlogPet)

makorinと、完成した。

*このエントリは、ブログペットの「ねこにゃん」が書きました。

カバーオンカバー made by 文庫包み for ほぼ日手帳

長いタイトルで大丈夫かなぁ。

伊右衛門のホット焙じ茶のおまけについていた手ぬぐいでできた文庫本用のブックカバー。

このところ、あちらこちら出かけた先やネットでほぼ日手帳用のカバー、正確にいうとカバーにかけるカバー、だからカバーオンカバーに何かいいものはないかと物色してたところ、コンビニでこれを発見し2つまとめ買い(2つしか売ってなかったので)。
サイズはほぼ日手帳にぴったりだし、手ぬぐいの素朴な風合いは僕の好みにぴったり。

さっそくカバーとしてかぶせてみた。あらら、ペンホルダーがじゃましてモコモコしてとってもかっこ悪い。

そこで、ペンホルダー(表紙と裏表紙の2か所にある)にあたる部分をカッターで切って、糸がほつれてしまわないように木工用ボンドで切った部分を始末した。

と、裁縫がまったくダメな僕でも10分もかからずにこんなステキなカバーオンカバーが完成!

Cimg0394

カバーを変えただけで全く違った印象になった。
しばらくはこれを使って、やぶれてきたらどうするか考えましょう。

残念なのはあと1つしか文庫包みがないこと。キャンペーンの終り頃に気づいた僕も悪いのであるが、もうどこにも売ってない。全種類コンプリートしたかったのにぃ。

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック