« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

ジャズ喫茶のランチ

ジャズ喫茶のランチ
これは食後のコーヒー。

2度取り上げている某地方都市にあるジャズ喫茶。今日はタイミング良くランチに間に合った。

で、オーダーしたのは、Aランチのミートオムレツのコーヒーセット。サラダ、みそ汁付きで880円。少し田舎風でオムレツにかかったデミグラスソースもおいしい。

スローなテナーサックスのバラードを聴きながら食べるランチも、また格別。

が、またお客は僕だけ。先客は僕と入れ違いに、「おやすみ」とマスターに告げて帰っていった。13時を過ぎていることもあるけど、こんなんで大丈夫なのかなぁ。

さて、コーヒーもおいしくいただいたので、戻ることにしましょう。
今日は金曜日。はたして何時に帰れることやら。この地方都市から。

悲しい予感

世間は三連休らしいけど、僕は違うかもしれない。

やらなければならないことはたくさんあるのだけれど。
公私共に。

平日だけど

平日だけど
用事があってお休み。

ということで、ついでにアウトレットに行って新規オープンのショップをのぞく。
(全然ついでじゃないじゃん)

いつものように僕のものは何も蛙。
ぢゃなくて買わず。

TALUS COLLECTION PINOT NOIR 2006

Talus_pinot_2006_2


だんだんネタが切れぎみの、激安Pinot Noirシリーズ第6弾。

ネットで知って地元のスーパーで購入したもの。

しっかりした酸味、あとから広がるフルーティーな余韻。
さらにPinot Noirにはまっていく僕。

しつこく、激安Pinot Noir探しの旅は続く。
(ネタ切れぎみだけど)

ココログ不調につき

1日、何も書かれていない記事が投稿されていた。orz

なにやっとるんだ、nifty。

日曜午後のジャズ喫茶

今日は地元。
と言っても家から車で25分くらいのところにある一軒家のジャズ喫茶に初めてきた。

おー、ここか。Webで見た写真のとおりでステキ。(あたりまえだが)。

店内はカウンターのある明るい感じのフロアと、楽器(グランドピアノ、ドラム、ウッドベース)のある落ち着いた感じのフロアの2つに分かれていて、僕は迷わず楽器のあるフロアの窓際の席にひとりで座る。
う~ん、いい感じ。窓の外の庭の花もキレイ(畑とたんぼも見えるけど)だし、定期的にジャズライブもやっている。

見えないスピーカーからゆったりめのピアノトリオの曲が流れている、よく見ると2階は吹き抜けになっている。
そのためか適度な残響音もあり、ライブには最適そうだ。

で、いつものようにアメリカンをオーダー。
081026_151401

運ばれてきたコーヒーは、なんとポット入り!3杯分もある。

ゆったりと至福の時が流れる。

土日なら多少は来られるので、早く常連客になりたいなぁ。営業時間が16時30分までというのが残念ではあるが。

まとめ買い

今日も土曜日にもかかわらず早く起こされてしまったので、家から車で10分くらいのところにある大型ディスカウントスーパーに行って、野菜、肉、魚、冷凍食品、お惣菜、シャンプー、コンディショナー、洗顔フォーム、綿棒、キッチンペーパー、ティッシュ、たくさんのお菓子をどーんとまとめ買いしたらレジのカゴが3つにもなってしまい、しかもとってもレシートが長いので、面白かった。
(って、子供の作文か)

ムチを打ってみる

金曜日の帰宅途中、ヘロヘロになった心と体にあえてムチを打ってみる。

って、あやしいことではなく、ウォークマンでハードな曲ばかり大きめの音で聴いてみる。

DeepPurple、SANTANA、Queen、などなど。

瞬間的に元気になったような気がするが、家に着くまでには結局元のヘロヘロに。
いや、さらにヘロヘロさが増した気がする。

やっぱ、無理なことはしないほうがよろしいかと。

小京都風

小京都風
先週訪れたジャズ喫茶の裏に流れている小さな川。

毎度毎度の不鮮明な画像でよく伝わらないのが残念であるが、この川にかかる小さな橋が夜になるとライトアップされ、さながら小京都の風情。

今日はお客は僕しかいなくて、まるで貸し切り状態の店内には快適な音量で女性ボーカルが流れている。

ゆったりとしたバラードやアップテンポの曲まで、実に心地いい。

川の流れ、音楽の流れ、そして時の流れ。さまざまな流れが僕のまわりにある。

今日は早く帰ろうと思ったけど、もうしばらくここにいることにしよう。
(すでに早くないけど)

今日は手抜き

お昼を食べる時間もなかったので。

箒草

ホウキグサ

漢字だと読むのがあやしい、まして自力で書くなんてできない。
パソコンの辞書あってのもの。

と、いらん前置きはともかく、この間行った道の駅に併設された公園にあった紅葉した箒草。

横から見ると、

Cimg0347

はじから見ると、

Cimg0348r

箒草がぽつんとひとつあっても、ネコのようでそれはそれでかわいいのであるが、まとまっていると結構見ごたえがある。しかも紅葉である。

二十四節気でいうと、もうすぐ「霜降(そうこう)」。本格的な秋。

花金も関係(BlogPet)

きょうmakorinと、花金も関係ー!

*このエントリは、ブログペットの「ねこにゃん」が書きました。

自転車に乗って

天気がいいので 自転車で公園に出かける

ほほをなでる風が心地よい

ペダルの重さもちょうどいい

そして 僕も 風になる

2年と7か月のおつきあい

毎日のように手をつないでいる。時には肩にかけたり、ヒザに乗せたり。
また、抱きかかえたりもする。

...と、わけもなく誤解を招くようなタイトルと書き出し。

毎日のように酷使していた仕事用のバッグが壊れた。
正確にいうとファスナーの縫製が取れた。

前に買ったのは○ニクロので、ちょいと大きめだけど何でも入るし、雑な扱いにも耐えていてくれたのであるが、ファスナー部分がほつれてしまった。

B_bag_uniq

使うのには支障はないけれど、さすがにかっこ悪いので新しいのにした。

これ。

Bm_ca07nbr

びっくりするほどお手頃価格で購入。
業界用語でいう、「半値八掛け」。
50%引きの20%引き=60%引きでお買い上げ。しかも送料込み。

前のに比べると少し小さめだけど、必要なモノは収容できるし普通に使う分には問題ない。

なので、これからはこれとおつきあいということで。
って、また誤解を招く表現。

花金のローカル線にて

僕には関係ないけど、まわりを見るといかにも、「これから飲みに行くぞ!」みたいな人が多い。

たしかにここの近辺には飲み屋が多い。
昼間は人通りもまばらで何となく寂しい感じではあるが、夜になると雰囲気は一変する。

路地を見ると昼間は気がつかなかったが、夜になるとネオンがキラキラ輝いている。しかも、たくさん。
誘惑多し。

僕には関係ないけど。

***なローカル線の車内にて

電車の中で大きな声でひとりごとをしゃべっているおじさんがいる。

話は多岐に渡る。

家庭の話から教育論や経済問題、はたまた日清日露戦争に至るまで、次から次へとひとりごとが繰り広げられ、しかも会話として成立しているようだ。

危害がおよぶ心配はなさそうであるが、イヤな雰囲気。

ようやく乗換駅に到着し、そそくさと降りたらそのおじさんも悠然と降りた。
その後は改札に向かって歩いて行ったのでことなきを得たが、なんともはやという感じ。

明日も(来週も)、ローカル線の旅は続く。
(旅ぢゃないけど)

MODERN JAZZ

MODERN JAZZ
とある地方都市にあるジャズ喫茶。
名前を知られたくないので、わかりにくい画像で失礼。

扉を開けて店内に入る。膨大なレコードコレクションが僕を迎えてくれる。

いつものようにアメリカンを注文(何とかのひとつ覚えとも言う)。わざわざ豆から挽いて、ゆっくりじっくりドリップ。うまい。

ほど良いボリューム(ジャズ喫茶なのでそれなりの大音量)でスローテンポの曲が時間帯と僕の気分にびったり。

あ〜、癒されるぅ。

今日は初めてだったのでこのくらいで。
毎週店内でライブをやっているらしい。次回はこれが見られればと。

秋雨のローカル線にて

寒く感じる。

風は強い。

更衣したけど、どうだったんだろう。

と、意味もなく問いかけで終わったりして。

連休3日目

家の用事をこなす。
夜、外食に行く。
イタリア家庭料理の店に入るが、店員の対応がイマイチだったりオーダーを忘れられたりした。
この店にはもうこない。

そんな連休のおしまいの日。

連休2日目

8時半に起こされる。
パンを食べる。
道の駅という名の農協に行く。
ガソリンを入れる。レギュラー150円/リッター。
食料品とお昼のお弁当を買う。
ショッピングモールに行く。
買物はあきたので僕はカフェで読書。
カレーを食べる。
イルカのテレビを見る。海にいるのではない。歌手のである。

これといったトピックはなし。

連休1日目

朝6時に起こされる。
フランスパンとドーナツを食べる。
ニュースを見てビックリ。見たことのある場所が写ってた。詳しくは言えない。
出かける。
くつ下を買う。
二胡のCDをカーステレオに取り込む。
図書館に行く。
ワインを買いに行ったついでにウォッカも買ってしまう。しかもウォッカの方が高い。
午後から晴れてきてちょいと暑い。
うどんを食べる。
いきつけのパーマ屋さんで髪を切る。やっぱり10分1000円の美容院よりこっちの方がいいや。
スーパーで買った豆アジを唐揚げにして、あんかけにして頂く。
日向敏文のCDを久しぶりに家のオーディオで聴く。やっぱり好きだ。

とりあえず、こんなところで。

忙しいということ

言い古された表現であるが、「心を亡くす」ことを意味するらしい。

goo辞書によると、
(1)することが多くて暇がない。多忙である。
(2)落ち着きなくよく動き回って、あわただしい。せわしない。

自己啓発とかの本によると、
・できる人ほど忙しい。

あるブログから引用すると、
・忙しいの定義は視野が狭くなること。

そうなんだよね。
まさに、することが多くてヒマがなく、あわただしくて、視野が狭くなってる。「できる人」は僕には当てはまらない。

でも、忙しさの質にもよると思う。
忙しいけど、やりがいがあったり楽しかったり達成感があったりすると、充実していると感じる。
逆に、やりたくない(社会人はこんなのばっかり)ことや忙しさだけ空回りしていると、むなしさを感じる。
心が亡くなっている。

今はどっちなんだろ。わかりきっていることだけど。
別にグチっているわけではないのであるが、オチが見つからない。

だったら3連休だし、予定は全くないけどリフレッシュでもしますか?
(って誰に言ってるの?)

あっという間に

木曜日が終わってしまった。

またまたハードな1週間であった。

週末は3連休。特に予定なし。(泣)

女心の夜のローカル線にて

雲は多いけど、切れ間から見える半月がとてもキレイ。

と軽く感動していたら、電車に乗って5分後に突然の雨。

やっぱり、女心と秋の空なのかしらん。
コロコロ変わるし先が読めないし。

でも、それがまたいいんだけど。

なんとなく

今日は書くことが思い浮かばないのである。

スランプか?

チェックー(BlogPet)

きょう、チェックー!

*このエントリは、ブログペットの「ねこにゃん」が書きました。

キンモクセイの香り

最近、ほのかにではあるがキンモクセイの香りに出会えるようになった。

暑くもなく寒くもなく、外にいるのが気持ちいい季節。
明日は雨らしいけど。

ブラスタ in TOKYOミュージックマラソン音楽祭

よかった~。楽しかった~。
ライブを見るのは2回目。

余裕をもって会場に到着したもののイスがいっぱいで座れず、おかげで立ち見だったけどサックス隊の前で見ることができた。
会場が上野でしかも無料ということもあり客層にちょいと不安はあったものの、演奏が始まってしまえばそんな不安はどこへやら。みんな盛り上がり、老若男女混じって、まさに誰からも愛されるブラスタという感じ。

個人的には、盛り上げ係というか切り込み隊長という雰囲気のましゅさんと、はじけた振り付けと一転してとっても渋ーいソロのいぐちくさんにしびれた。ほれた。

みんなが耳にしたことのあるジブリを中心にしたのは正解で、初めて見た人(僕の回りにいた人はまさにそう)などは、「あーあの曲ね」、とか、曲がわかった瞬間に驚きからうれしさに変わっているのがわかった。

途中、「ハトと少年」のイントロのドラム、「タンタン タタタン タタタタン タタン(わかるかな)」の後にみんなで右手を振り上げるというのをやった時、僕の少し前にいたとっても小さなおばあちゃんは、リズムに合わせてちゃんと右手、しかもこぶしを振り上げていた。ステキ。これもブラスタのパワー。

アンコールにも応えてもらい会場を去っていった人はみんな笑顔で、しかもたくさんパワーをもらっていったと思う。

次はワンマンライブに行きたいぞ!

写真はリハーサルのもの。もし肖像権など問題あれば削除します。

081004_1703

さわやかな晴れ間

さわやかな晴れ間
乾いた風が週末でヘロヘロになった体に心地良い。

ここは港区のとあるビルの前。
歩道をキレイにして緑を増やす工事中。
植えられてからまだ間もないせいであろうか、風にそよいでいる枝葉はいまひとつ元気がない。

寒くなったらきっとイルミネーションで飾られるんだろうな。

今宵のお供

これもコンビニで買ってきた。

飲みやすさよりウイスキー本来の味を追求している。
うまい。

Cimg0327r


ローカル線のような23区の駅にて

ローカル線のような23区の駅にて
いちおう都内にある駅なのだが、各駅停車しか停まらないため、待ち時間がかなりあり軽く途方にくれている。

あ〜、今日は何時に帰れることやら。
(今日中ならいいけど)

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック