« 連休終わり | トップページ | Intermodulation »

来年のテーマは「バッハとヨーロッパ」

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンが盛況のうちに終わった。
今年のテーマは「モーツァルトとウィーン」だったので、連休でヒマをもてあましているのにもかかわらずイマイチ見る(聴く)気が起きず不参加。

とちょいとがっかりしていたところ発表されたのが来年のテーマ、「バッハとヨーロッパ」。
なんでも来場者アンケートで「取り上げてほしい作曲家」ナンバーワンがバッハだったらしい。けっこう人気あるんだなぁ。少し意外な感じ。でも、すごーくうれしい。実は僕も昨年のアンケートに大きく「バッハ」と書いた。いや実際に大きく書いたわけではないが、気持ちの面で大きくということで。

プログラムも多彩なよう。バッハと関係のあった作曲家、バッハの編曲作品、バッハの息子たち(音楽室にかざってあるあのくるくるパーマのバッハは、大バッハと言う)、古楽器などなど。
ということで早くも来年が楽しみな今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
って、何言ってんだか。

« 連休終わり | トップページ | Intermodulation »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50421/41134363

この記事へのトラックバック一覧です: 来年のテーマは「バッハとヨーロッパ」:

« 連休終わり | トップページ | Intermodulation »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック