« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

連休の谷間(2)

普通に仕事。しかもとっても忙しい。残業だ~。早く帰りたいようー!

昭和の日

昭和と言われてもねぇ。

ということで、特に昭和らしきことは何もないまま短い休みは過ぎていくのであった。

連休の谷間(1)

当然のことながらお仕事で休めナイ。

今年も連休の予定は特にナイ。

潮干狩りに行きたいが、誰も一緒に行ってくれナイ。
新しくできたアウトレットに行きたいが、混雑できっと入れナイ。
日帰りでいいから温泉にでも行きたいが、運転なのでビールが飲めナイ。
ならば映画にでも行こうと思うが、とりたてて見たい映画もナイ。
だったら家でだらだらしていたいが、そうもいかナイ。
とナイナイづくし。

ナ~イ?
ナ~イ!

ラ~イ?
ラ~イ!

ラ~イ、ラ~イ、ライ、ライ、ライ。
ラララライ♪ ラララライ♪ ラララライ♪

って、何が言いたかったの?

ガーデニングの季節

草取りをする。蚊取り草が増え過ぎてしまったので、思いきって処分する。竜のヒゲ(正式名は知らない)も混みいってきたので、間引いて別の場所に植え替える。アイビーも葉が混んできたので、剪定する。スナップエンドウが収穫できた。
ブルーベリーが元気がなく、実をあまりつけないので、ホームセンターで赤玉土、鹿沼土、ピートモスを買ってくる。地植えをやめて鉢植えにしようと思ったので。

あぁ、よく働いた。と誰も言ってくれないので自己満足。

きっとビールがおいしいぞ。
スナップエンドウをゆでて、いただきましょう。

2007 Cono Sur Pinot Noir Conversion

激安Pinot Noirシリーズの第4段

ここ数年で飲んだ(といっても3種類であるが)Pinot Noirの中でベスト1のワイン。
グラスまで50cm以上あるにもかかわらず、グラスに注いだ瞬間にフルーツの香りが広がる。口に含んだら酸味が感じられ、あとからさわやかな渋みが感じられる。凝縮感ってこういうことを言うのだろうか。ハンバーグとの相性もバッチリ。

では、いろいろなところから引用。
---------------------------------------------------------------
ワイン名 : コノスル ピノ・ノワール コンバージョン(赤)
生産者 : コノ・スル
原産地 : チリ ルチャグアヴァレー
タイプ : ミディアムボディ
使用ぶどう :  ピノ・ノワール 100%
アルコール度 : 14%
料理との相性 : 肉料理 トマトソースを使った料理
飲み頃温度 : 18℃前後
---------------------------------------------------------------

いやぁ、Pinot Noirは奥が深い。激安ワイン(僕の定義では購入価格1,000円未満のワインのこと)でこれだけおいしいのだから、高級ワインなら大変なことになるだろう。

デイリーワインとして、コノ・スル社は大人気でネットでも品切れになっているらしいが、これは地元のスーパーで普通に購入したもの。通常の販売価格は1,000円以上だけど、そのスーパーは「土曜日はワインの日」なのでワイン全品20%オフ。なので、もし見つけたら買い占めないと!

ラベルは再生紙、キャップシールの代わりにビンの口をおおっているワックスも有機のものらしい。スゴイ。ビンテージが印刷されているラベルはキレイにはがれたので、手帳に貼っている。

こんなラベル。シンプルビューティーといった感じか。

Pinot_noir_conversion

激安Pinot Noir探しの旅はさらに続く。(だから旅してないってば)

下北沢にて

僕とはほとんど縁のない場所。
よくわからない。アウェー感。

でも、駅前Macは居心地がいい。Macにしてはわりと考えられたフロアデザインだからか。BGMもいい感じ。

今日はお土産はありません。
って、あたりまえぢゃ。

木曜日のゆううつ

あ〜眠い。
雨が降ってる。
暖かい日は続かない。
明日は金曜日。
あさっては土曜日。
アルコール飲んで。
安眠ということで。

武士語にはまる

いやはや、面白いサイトである。

武士語に変換もんじろう

さっそく、「みなさん、こんにちは。」をいろんなコトバに変換してみる。

・武士語  皆のもの、ご機嫌いかがでござるか。
・沖縄弁  うんじゅなーたー、はいさい。
・博多弁  みなしゃん、元気しとぉや。
・大阪弁  みなはん、まいど。
・津軽弁  みのさん、こんサちは。
・京都弁  みなはん、ごめんやす。
・宮崎弁  みなさん、こんにちは。
・ヤンキー語  魅南鎖雲、虎雲煮血覇。
・ナベアツ風味  3の倍数と3の付く数字だけアホになります!」 みなさぁぁぁん!!、まいどは~い!オモローーーッ!!!!
・ルー語風味  みなちゃん、グッドイーブニング。
・練馬ザ語  みなさん、Heyメ~ンメ~ン。
・死語  みなっち、こんにちわんこそば。
・2ちゃん風味  みなタソ♪、( ノ゚Д゚)こんにちわ。
・ギャル語  ゐナょ、ナh、⊇hレニちレよ。
・よしお語  デデデン♪×8 みなさん、ウェ~!うィー↑↑

ちなみに「ちょいと言いたいこと」は、武士語で「ちょゐと云ゐたもうこと」。津軽弁で「ちょいど言いでごど」。
うぅん、これはこれでいいかも。

九段下 神保町 御茶ノ水

春風に誘われてというよりも、ほとんど初夏の陽気につられて、目的を決めずにぶらぶら歩いてみる。
別に仕事をサボっているとか徘徊するというわけではない。歩くのは苦にならないので。

地下鉄神保町駅の出口付近にあるあの喫茶店は、カフェタイムからバータイムへの切り替えのため準備中で入れず。間が悪い。店内が見えるだけによけいに切ない。

気を取り直して大きめの中古LP、CDショップを見る。澤野工房のCDが目につく。だけど廃版ぢゃないので買わない。キングクリムゾンのCDが大量にあったけど、僕が捜しているのはなかった。

また気を取り直して自然科学系専門の古書店。そう、学生時代に何度も通いとってもお世話になったお店をのぞく。微分積分とか、多変量解析とか、フーリエ解析とか、複素数変換とか魅惑的かつ目もくらむようなタイトルの本が並ぶ。英文の本も多い。しかも出版年が古いためか、かなり安い。まったく勉強するつもりも使うあてもないけれど、買ってしまいそうになるのを思いとどまった。次にきたら買ってしまうかも。

駿河台下から坂を上がり、ディスクユニオンお茶ノ水ジャズ館でじっくり品定め。わりと新しめのピアノトリオと、とってもマニアックなピアノトリオのCDを勢いで衝動買い。いや、正確には腹いせ(何の?)にヤケ買い。散財。

と、今日はここまで。
あの喫茶店には時間をずらしてまたこようっと。

abyss

いやぁ、天は二物を与えるんだなと。

昨年発売され、いろんな賞を総ナメにしたジャズピアニスト、山中千尋のアルバム。

abyss

B000ry42iu

じっくり聴いてみると、なるほど。ビジュアル面だけでなく賞をとった理由がわかる。
(ビジュアルは関係ないと思うが)

アグレッシブなパッセージ、一転してメロディアスなフレーズ。意表をついた展開に、あれっと思わせる面白いメロディ。一筋縄ではいかない、緩急自在というか、硬軟をうまく弾き分けているので、何度聴いてもあきない。いやむしろ聴くたびに新たな発見がある。

美形な人はいろんな面を持っているんだなと。そして、僕らはそんな彼女に自ら進んで翻弄されているのだ。
(ビジュアルは関係ない)

そういえばホームページではわからなかったけど、出身地は福島県。この間、福島に出張に行った時に入った喫茶店に福島県で行われるコンサートのポスターが貼ってあり、そこに「福島県出身」と書いてあった。

そっかぁ、見た目はとっても都会的だけど、それだけでなく人として幅と深さがあったのね。だからこんなにステキな曲なんだなと。
(だからビジュアルは関係ないってば)

日曜日のひとコマ

雲りがちだけど暖かい。

日曜日だけど早起き。
コーヒーをいれてべーグルを食す。

久々に小さい方のショッピングモールに買い物に行く。ほしいものは売ってなかった。スーパーにあるワインのコーナーは見られず。
昼食にサンドイッチを買って帰る。

昨晩録画した2クールを見る。日曜日のけだるい昼下がりがさらにけだるい空気に。
そのあと、どうでもいいようなテレビを見つつうたた寝をしてしまう。
気を取り直して、近所の本屋で文庫本を買ってくる。自分のではない。
図書館に行く。なぜか二往復。

夕飯はロールキャベツらしい。
ビールにしようか、冷やしてないけどこの間届いたワインをあけてしまおうか、と思いをめぐらす日曜日の夕方。

2クール

今一番、僕が見たい番組。日テレ系列で今晩深夜1時25分から放送。
リアルタイムで見てシュールな気分で癒され、録画してまた見て癒され。

まだ間に合う。リアルタイムで見るべし。せめて録画して。

福島駅前にて(BlogPet)

makorinの「福島駅前にて」のまねしてかいてみるね

駅前ロータリーにはいつもの時間よりかなり早く到着していたので、ところどころ桜の時間よりかなり早く到着しているようだせいか(何に?)つい注文し、ところどころ桜の花がある時計のでいいし、朝マックの「ままどーる(冬期限定チョコ味)」でいいしてません?

*このエントリは、ブログペットの「ねこにゃん」が書きました。

福島駅前にて

福島駅前にて
駅前ロータリーにある時計の文字盤の花がキレイ。まだ、ところどころ桜の花が残っているようだ。見てみたい。

で、約束の時間よりかなり早く到着してしまったので、朝マックのマックグリドルを食す。前に一回だけ食べたことがあるが、あまりに...なのでもう二度と食べないと思っていたのであるが、気がゆるんだせいか(何に?)つい注文してしまった。
...やっぱりよせばよかった。

さぁて、お土産はいつもの「ままどおる (冬期限定チョコ味)」でいいし、自分には地酒でも買って帰ろうかしらん。
って、まだ何も仕事してませんから。

最終電車にて

なんとか席に座れた。本は全部読んでしまった。ぼーっとしていると寝てしまいそうになる。が、寝てしまったら降りる駅で目が覚めず、乗り過ごしてしまい帰宅できなくなる。いや、きっと起きられない。

なので、目が覚めるようにT-SQUAREのライブアルバムをウオークマンで聴く。が、眠さはあまり変わらず。

しかたなく、ケータイでこのブログを書いてみる。ケータイの漢字辞書は期待したよりもかなりアホなので、変換してもあまり学習されていない。アホといっても、3の倍数と3のつく数字だけアホになるわけではない、全般的にアホなのである。なぜか入力の時に使ったことのない文字候補を次々と僕に提示してくる。イライラでストレスがたまる。しかも、ずっとそうなのだが操作時のレスポンスが悪い。ボタンを押してから次の動作にうつるまで、ワンクッションが入り待ち時間が発生するので、余計にストレスがたまる。

結局、ストレスのおかげで眠らずに帰れましたとさ。ちゃんちゃん。

僕らの春はこれから

暦の上でも気温も、もうとっくに春なのであるが、花粉症持ち(?)の僕にとってこの時期は非常にツライ季節。
なので、スギ花粉のピークか過ぎた今頃から本当の春が始まる。

天気のいい日に外にでても、くしゃみがでたり目がかゆくなったりすることはない。暖かい日差しをたっぷり浴び、おだやかな春風に吹かれることができる。

あぁ、春はいいなと心(身体)から思えるのである。

僕らの春はこれから

降ったり晴れたり

手を抜いているわけではないのではあるが、似たようなタイトル...。

寒暖の差もさることながら、天候の差も激しい。
なので、みなさまお風邪などめされぬようご自愛くださいませ。

ちなみに僕はご自愛できてません。

上がったり下がったり

毎日、寒暖の差が激しい。
みなさま、風邪などひかぬようお気をつけください。

今日もあれこれ

忙しい日だった。

以上

Harvest Festival 2007

COCO WINE 赤

080405_004201_ed

昨年の収穫祭で頒布されたもの。収穫祭には行けなかったけど、手には入れておいた。

ここのワインのいいところは、飲む時に原料のブドウがどうだとか、どんな色や香りだとか、何と合わせるとおいしいとか、余計なことを考えずに楽しめること。僕もブログにエラそうにいろんなことを書いてるけど、そんなことはどうでもよくて、目の前にあるグラスは僕を元気にしてくれる。
今回はハッシュドビーフと一緒においしくいただく。
ただ、ハーフボトルなのであっという間に空になってしまったのが残念であるが。

まだ白もあるので、これはいずれ。

春雨寒

花散らしの雨から寒い雨が続いている。

きっと、桜のことなんてみんな忘れてしまっているんだろう。

春はこれから。

ブラスタ甲子園

発売日に即入手。じっくり何度も聴いたので感想など。

ブラスタ甲子園

B0012pyfqm

また、新たな一面が。

曲そのものはサラっと聴き流せてしまうが、実はけっこうスゴイことをしている。恒例(?)によりパート別に。

まずはリズムセクションから。
ドラム:安定感がアップ。今までどおりに三連符のフィルインを多用。完全にメンバーをリードしている。
ベース:目立った演奏ではないが、「ここにはこの音がほしい」とか「このフレーズにはこのベースライン」とかピッタリ合っている。もっと前に出てきてほしい。
キーボード:相変わらず絶妙なバッキングがいいけど、ソロを増やすなどもっと目立ってほしい。

トロンボーンセクション。
やわらかく流れるようなフレーズ。トロンボーンセクション内でのアンサンブルもさらにいい。
バストロンボーンも相変わらずうまい。

トランペットセクション。
明るくかっこいい音がブラスタの元気の源であるのはもちろんのこと、一音一音がはっきりクリアになっている。フレーズのかけ合いもすばらしい。

最後にサックスセクション。
ソプラノサックス:高音のノビがさらに良くなっている。ブラスタGの時から楽器を変えたのだろうか。
アルトサックス:もう何も言うことはない。ソロでも十分通用するテクニック。
テナーサックス:音がいい。泣きのフレーズだけでない、いつ聴いても音がいい。
バリトンサックス:出番が多いのがうれしいのはもちろんのこと、早いパッセージでも音の粒がよくそろっている。

まとめると、前2作と違ってハデさやインパクトは押さえめなものの、バンドとしてのまとまり感はさらにアップ。メンバーチェンジしてからまだ日は浅いにもかかわらず、確実に円熟(おおげさだが)の方向に向かっている。
特にミディアムテンポの曲がすばらしい。
たとえて言うなら、ライブのオープニングやエンディング、アンコールなどで演奏するタテノリでスタンディングで聴くようなハードな曲ではなく、こういった曲の合間に演奏するようなつなぎというか、席に座って身体をヨコに揺らしながら聴く曲、まさにスイングする感じがいい。

そっかぁ、甲子園だからスイングなのね。 と、おあとがよろしいようで。

このところ

平日、休日共に多忙につき投稿がいい加減である。そろそろちゃんと投稿せねば。

今日は

お休みをいただいたにもかかわらず、とっても忙しいので、また簡単で失礼。

日付調整につき

うまく投稿できてなかったので。

KURU TOGA

KURU TOGA
ついに夢(僕にとって)のシャープが出た。こんなのがほしかったんだ。

パッケージから引用
---------------------
文字が太らない
従来のシャープで書き続けていると、線がだんだん太って文字がつぶれてしまいます。

クルトガで解消
クルトガなら線が太らないので、細かい文字も書きやすい!!同じ太さのシャープ芯でも従来のシャープより細く書けます。
---------------------

確かにいくら書いても線の太さは変わらない。これで手帳に書いた文字が読みやすくなるであろう。
個人的には最近の文房具の最高傑作。超オススメ。

もうすぐお別れ

もうすぐお別れ
自分で言うのもなんだが、イヤなタイトル。

晴天の空のすみきった青を下地に、満開の桜のピンクが美しくちりばめられている。週明けの雨で散ってしまうのだろうか。残念でならないが、散りぎわが一番きれいなんだろうと感動。

感動ついでに一句ひねってみる。


散る前に せめて一夜の 鮮やかさ

ORBIT / Neil Larsen(BlogPet)

makorinの「ORBIT / Neil Larsen」のまねしてかいてみるね

2009年第一四半期(1月)によみがえる。

*このエントリは、ブログペットの「ねこにゃん」が書きました。

ORBIT / Neil Larsen

2009年第一四半期(1月~3月)に購入したCDの中でのBest1!アルバム。
ニールラーセンのあの名曲が鮮やかによみがえる。詳細レビューはいずれ。
でも、このジャケットのセンスはいかがなものか。

Orbit

春色ボーダー

春色ボーダー
これから暖かくなるらしいので、春を先取りした春色ボーダーのカットソー。GLOBAL WORKで購入。早くこれを着て街を歩きたいもの。

花粉がなければ。

タカナシ カフェ・ラテ

これはおいしい。クリーミーで甘さが口に残らない。

パッケージより引用
----------------------------------------------
無香料・無着色
たっぷりのミルクと深煎り(イタリアンロースト)コーヒーがほどよくマッチしたカフェ・ラテです。ESL製法でつくりました。
----------------------------------------------

Takanashi_cafelatte

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック