« 祝! ブラスタ はなまるマーケットご出演 | トップページ | モブログテスト »

My Funny Valentine

1日遅れで。
甘いだけがバレンタインではない。大人のバレンタインはちょいとほろ苦い。

マイ・ファニー・バレンタイン

ということで、Venus Recordsから出ているピアノトリオにテナーサックスをフューチャーしたアルバム。

Eddie Higginsのピアノはいつものように流れるようでとっても甘ーい、でもツボは押さえた老練なタッチにあふれている。そこにScott Hamiltonの太くて豊かな音色のテナーサックスが加わる。曲の出だしからとってもいい。そこにはスリリングな展開や緊張感とは無縁のエレガントでリラックスした空気が流れている。でも甘いだけではない。ビターな風味も忘れていない。
が、一歩間違えるとSam Taylor(サム・テイラー)みたいな「ムード・テナー」に聞こえてしまいそうなギリギリの線でふんばっている。

アルバムジャケットもいい。
前に紹介した、It's Magicのジャケットと同じモデル(多分)で似たような構図。キライではない。

B0009i8tug

« 祝! ブラスタ はなまるマーケットご出演 | トップページ | モブログテスト »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: My Funny Valentine:

« 祝! ブラスタ はなまるマーケットご出演 | トップページ | モブログテスト »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック