« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

雨の日曜日

相変わらず、冷たい雨が降ってます。

予定していたことが変更となってしまい、今日もダラダラした休日を過ごしております。

まあ、つん読だった本が読めたのでそれはそれで良かったのではないかと。

お寒ございます

最高気温が20度以下。
昨日より10度以上も低い。

みなさま、お身体にお気をつけくださいませ。

経営(BlogPet)

ねこにゃんは経験が経営するはずだったの。

*このエントリは、ブログペットの「ねこにゃん」が書きました。

めがね

何が自由か、知っている。

映画「めがね」公式サイト

銀座テアトルシネマで見てきました。
パンフレットも買いました。

また見たい。
「民宿ハマダ」に行きたい。
カリカリに焼けた朝食のベーコンエッグが食べたい。
海を見ながらビールを飲みたい。
サクラさんのかき氷を食べたい。
コージと遊んでみたい。

ただただ、たそがれていたい。

詳しくは説明しません。
気になる方は見に行ってください。
僕はきっとまた行くので。

とっても

忙しいので、簡単で失礼します。

中秋は名月でした

ジャマな雲もなく、とってもキレイに見えました。
澄み切った、あんな心になりたいものです。

9月生まれのてんびん座なので、
いつの間にか誕生日(東京ブラススタイルのある方と同じ日。もちろん年は違うが)
を過ぎて、また、年を重ねて、
今までのことと、これからのことを漠然と考えたりします。

で、ほぼ日手帳からの引用。

「自分の歳を3で割ると、それが人生の時間だ。」

みなさんは何時頃ですか?

僕は、黄昏時にはまだ早いけれど、
そろそろ夕暮れに近づきつつある時間。
(なんぢゃそれ)

明治カフェオレ

ひさびさのコーヒー牛乳ネタです。

新製品。
ミルク仕立てで、スッキリした後味がいいです。

Meiji_cafeaulait

前売鑑賞券

前売鑑賞券
入手済み。

もう始まってる。

早く見に行かねば。

バリバリ

ちょいと無理めな有休を取ったり、無理やり出張を入れたり、ゴロゴロしていた報いでしょうか。
仕事がオニのようにたまってしまい、日曜日にもかかわらず9時前から休日出勤してます。

ジャマが入らないので、バリバリ(当社比)仕事がこなせています。

でも、連休明けにはまた、どーっとやることが増えてるんだろうな。

ゴロゴロ

今日は午前中に用事を終わらせゴロゴロ。

たるんでます。

閉店

閉店
学生時代に毎日のように通っていた喫茶店。
多い時には1日に3回くらいきた。
卒業して社会人になってからも何度かきた。
閉店の貼り紙。
経営者が変わって店名も変わったのに。
いつかブログで取り上げようと思っていたのに、こんな形で取り上げることになろうとは。

このドアを開けてすぐに階段があり、上がって左側。
右側は美容院だった。
入口のドアにカウベルがついてた。
BGMはいつもクラシック。
ごく普通の喫茶店なのですが、ママさんのセンスのおかげでとても品が良かった。

アメリカンが好きだった。
それも、とっても薄いやつ。
でも、香りは高かった。
1杯でかなり長居したこともあった。
スパゲッティセットがおいしかった。
たまにパフェも食べた。

ママさんがステキだった。
オーナーであるパパさん(夫)はダンデイだった。
バイトの○○さんがキレイだった。
ママさんの姪の○○ちゃんが可愛かった。
お二人とも超がつくほど。

窓際のカウンターに座って、外をぼんやりながめているのが好きだった。
ありふれた、何てこともない街角。
休みの日には、カップルや家族連れが多かった。

デートの時には窓際のテーブル席。
ママさんは放っておいてくれた。
親密になると並んでカウンターに。
ママさんはいろいろお話してくれた。

忙しい時にはたまに手伝った。
役にたったかどうか自信はないが。
友人が短期間バイトした。
その筋の方が来店された時には緊張した。
クラブの打ち合わせをひんぱんにした。
みんな常連なので。

クリスマスパーティをやった。
卒業パーティもやった。
みんなが書き込むノートがあった。
たくさん書いた。読んだ。共感した。
気持ちは、ブログというよりSNSに近い。
とってもデリケートなことが書いてあったので。

いろいろな思い出がよみがえる。
たった4年間だけど、ものすごく濃密な時間を過ごしたのだと思う。

もう訪れることはできない。
あの時はかえらない。
でも、思い出はなくならない。

あの頃の僕はここにおいておこう。

あの街は今

たまたま近くに行く機会があり、ひとりでしかも時間に余裕があったので、学生時代を過ごした街を散策してきました。

とっても暑かったのとデジカメが壊れているためケータイで撮影したので、満足のいく写真にはなってませんが、あの頃に戻れました。

でも一番寂しかったのは、毎日のように通っていた喫茶店が閉店していたこと。
オーナー、というかママさんが変わった時点で僕の中では、「あぁ、終わったな」という気分だったのですが、本当に閉店してしまうとさらに切ない気持ちになります。

♪時は移り行くもの 明日を見つめて
あの頃は時々 振り向くだけにして

頭痛なのです

職業柄か性格なのか生活習慣なのか、はたまた体質なのか、胃と腰が痛いことは結構あるのですが、ここ2週間くらい左肩がひどくこっていて、昨日あたりから後頭部の左側の首の髪の毛の生え際あたりがズキズキ痛みます。頭痛です。

僕はなで肩で肩幅が狭いので、肩こりにならないと勝手に思ってたのですが、そんなことはなかったようです。
(あたりまえぢゃ)

で、今日はどうしてもガマンができなかったので、しかたなく頭痛薬(イブ)を飲んだら、2時間くらいで頭痛は治まってきました。が、肩はこったまま。
でも、両手を上げることはできますので、四十肩ではないようです。多分。

自分なりにマッサージしてみたり、くるくる首を回してみたり、アンメルシンを塗ってみたり、寝方を変えてみたりといろいろ試しているのですが、一向によくなりません。

この年になるまで肩こりはあまり経験がないので、対処法がみつかりません。

なので、どなたか良くなる方法を知っていたら教えてください。
(ちなみに家族には、てもみんにでも行ってくれば?と言われましたが)

ワインの個性

そろそろブドウの収穫が始まっている頃なので、この1冊。

47973388571

ワインの個性

ワインジャーナリストである、堀賢一さんのエッセイ集。
ワインにまつわるあらゆる情報が詳しく、専門的なこともわかりやすく書かれています。

ワインの本ってタカビーな印象というか、
「この料理にはこういうワインを合わせます。ステキな組み合わせをマリアージュといいます。」
「****年産のヴィンテージは・・・・・。」とか、
「手軽に飲める3000円以下のワイン。」などなど、
ウンチクばかりで、庶民の感覚からすると、「おーい」という本が多いので困ります。
(少なくとも僕は3000円のワインを手軽には飲めませんので...)

この本は、ワインをブドウの栽培、醸造法や産地、サービスなどあらゆる視点で切り取っており、
ビジネスとしての見方もちゃんと入っています。
(その内容が少し悲しい現実ということもあるのですが)
単純に読み物としての文章の完成度も高いのがすばらしい。

なので、ワインをおいしく飲むだけでなく、少しだけ詳しくなりたい人にオススメです。

この本で得た知識を他人に披露するのは、皆さんにお任せします。
僕はできません。そういうレベルに達していないので。

スーパー特売日につき

キャベツ88円(300個限定)、ヤマトイモ、砂糖(おひとり様1点限り)、豚挽肉、鶏ムネ肉、スモークサーモン(100gあたり98円)、メロンパン、チョココロネ、ヨーグルト、牛乳、紅茶、ピルクル、トイレットペーパー、あとは忘れた。を買いました。
すいません。所帯じみた話で。
(だから所帯持ちだってば)

まだ夏は終わらない

朝晩は涼しいけれど、まだ昼間は暑いです。
クーラーかけて寝ると涼し過ぎるし、かといってかけないと寝られない。

まぁ、暑さ寒さも彼岸までといいますから、夏がこの辺にいるのも、もう少しの間なんですね。

お知らせしたかった(BlogPet)

きょうねこにゃんは、お知らせしたかった。

*このエントリは、ブログペットの「ねこにゃん」が書きました。

ローカル線にて(3)

ローカル線にて(3)
これは上り方面。

今日は少し涼しい。

やっぱりホームに人気はない。

降りたのは僕ひとり。

Time Control

うーん、今回はちょいと個人的な苦言を。
なので、リンクは最低限に。

上原ひろみの1年4ヶ月ぶりの4枚目のアルバム。
1枚目のanother mindはたまに聴いて、
2枚目のbrainはたまーに聴いてます。
3枚目のspiralは聴いてません。

で、このTime Control

ギターを加えた、"HIROMI'S SONICBLOOM"というユニットを結成したとのことで、
音のまとまりというか、バンドとしての一体感はとってもあります。

上原ひろみが矢継ぎ早に仕掛ける、超絶技巧で挑発的なフレーズ。
これにリズムセクションがちゃんと応え、
もっとスゴイフレーズを繰り出してくる。

と、ここまではいいのですが、ギターがなんとかならないかと。

僕はギタリスト(?)なので、職業柄(?)、こういった曲は、
どうしてもギターの音を拾ってしまう(中心に聴く)のですが、

オーバードライブの音に新鮮味がない、
微妙に変化をつけてますが、どの曲も同じように聴こえてしまう。
あからさまにエフェクターを使うのは下品ですが、
アコースティックジャズではないので、
あまりにシンプルなのもいかがなものかと。
早いパッセージは得意のようですが、フレージングは単調。
これはベースも同じ。

昔のハードフュージョンというか、どこかに書いてありましたが、
プログレッシブロックやまるでKingCrimsonのようです。

だったらいっそのこと、ハードを飛び越えヘビメタにしちゃえばと。

それは極論にしても、せっかくのピアノやキーボードの魅力が
半減してしまっているように聴こえます。僕には。

異論のある方、反論しないでね。

秋の長雨

秋雨前線の影響。

少しひんやりした湿った空気。

洗濯物は乾かない。

国政も...

あぁ、スッキリしたいものです。
週末は三連休だし。

最近、このパターンが多くてすいません。

東銀座にて

小雨が降っています。

曇空で夕方というのは何か不思議な色。

外国人のツアーがいる。歌舞伎座か?

車は多い。自転車も。

少し時間があったので、しばし観察。

茅ヶ岳周辺の地ワイン2006

Kayagadake2006

もう今年の新酒の予約が開始されてますが、やっと赤を見つけましたので。

こういうフレッシュなワインは大好きです。
このところ、ちょいとばかりへこんでいたので元気をもらえます。
もっと元気がでるようにトンカツでおいしくいただきました。

で、収穫開始日が2006年9月16日ということで、その頃何をやっていたかをBlogで調べてみると、突然の軽井沢旅行に行ったんですね。
思い出しました。

ホームページから引用。
--------------------
韮崎市穂坂地区は、甲府盆地北西部の丘陵地で、標高1704mの山「茅ヶ岳(かやがたけ)」の裾野に位置し、古くからぶどうが栽培されている産地です。
この地域は、昼夜の温度差が大きいため、キャラクターのしっかりしたマスカットベリーAが収穫できます。
2006年秋、山梨県北部に位置する標高1704mの山「茅ヶ岳(かやがだけ)」を望む韮崎市穂坂地区で収穫したぶどうを仕込み、フレッシュで薫り豊かな赤ワインに仕上げました。
--------------------

ラベルから引用
--------------------
収穫地:山梨県韮崎市穂坂地区
収穫開始日:二〇〇六年九月一六日
ぶどう品種:マスカット・ベリーA
製造者:メルシャン株式会社
栽培管理責任者:弦間浩一
醸造責任者:安蔵光弘
味わい:やや辛口
渋み:おだやか
飲み頃温度:軽く冷やして
--------------------

ということはそろそろぶどうの収穫が始まる頃ですね。
今年はひどい暑さだったのと、この間の台風直撃でぶどうのでき具合はどうなんでしょうか。

日曜日なのです

早く起こされて、
車で出かけて、
漬物を買ってきて、
アウトレットのパンを買ってきて、
「塩」というジェラートを食べて、
ワインを飲みました。

そんな日曜日。

今週のラーメン報告

特にたくさん食べたわけではないのですが、今週食べたラーメンなど。
画像はあちこちから借用しました。

Raamen1


場所と店名は内緒。都内ぢゃありません。
その地域ではわりと有名店。
(知らずに入ったのであるが)
とっても正統派のしょうゆラーメン。
メニューには、「らぁ麺」となってました。
魚介系のスープ。鰹節と鶏ガラが主体。
一口飲んでみると、まるで日本そばのツユのよう。
麺は太目のストレート。餃子もおいしい。
たまには違うタイプのラーメンもいいかなと。
ここは「塩」が売りらしいので、次は「塩」にしましょう。
いつになるかわからりませんが。




新橋、「博多天神」ラーメン。

Tenjin

ここは何度もきています。
注文して1分もかからずに出てくる。
とってもクリーミーでまるで牛乳が入っているようなスープ。
紅しょうが、おろしニンニク、辛子高菜、ゴマなどトッピングも豊富。
替玉は100円ですが、店頭にすぐ使える無料替玉券はあるし、
僕は「無料替玉、会員証」を持ってるのでいつでもOK。
巷の「長浜ラーメン」なんぞより、ずっとおいしいです。








オマケ。

Chiki1

夜中に呑んでいてお腹がへったので夜食。

台風の

被害状況をお知らせします。我が家の。

・いろいろなものがズブぬれになりました。
・庭の木が1本折れました。
・裏庭がゴミだらけになりました。
・傘の骨が曲がりました。

被害にあわれた方の1日も早い復興をお祈りしております。

台風が

関東直撃の様子。

所帯じみた話ですが(所帯持ちですが)、洗濯物が乾かなくて困ります。
ウチには乾燥機などないもので。

部屋を閉め切ってエアコンで除湿するとか、
うちわであおぐとか、
コインランドリーに行って乾燥するとか、

洗濯物は増えるばかり。
あぁぁ。

那須高原サービスエリアにて

那須高原サービスエリアにて
郡山滞在時間、1時間半。
いちおう福島。

東北自動車道の上り、那須高原サービスエリアにて、お土産を物色。
これといったものはなし。
無難なチーズケーキにする。

いいんです。また近いうちに来るので。

I'll be back.

9月 10月はエヴァンスの月

Be2_2

昨年末、ヨドバシアキバにあるタワーレコードで、何か(忘れた...)のJazzのCDを買った時にもらった、"JAZZ THE BEST 1000"の発売を記念した粗品で、紙製の組み立て式で完成すると立方体になり1面が2ヶ月分になる卓上年間カレンダーの9月と10月の画像がビルエヴァンスで、実際のものは職場の机の上においてあるのですが、組み立てた直後につぶしてしまいお見せするには忍びないほどにベコベコなので、この左側にあるアルバムのジャケット写真に青くフィルターをかけた画像がトリミングされて使われているようですが、僕はまだこのアルバム持ってないのでほしいなと。
ふーっ。

ちなみに、カレンダーの他の月に誰がのっているかいうと、

1月 2月 Oscar Peterson (1925年8月15日- )
3月 4月 Sarah Vaughan (1924年3月27日- 1990年4月3日)
5月 6月 Stan Getz (1927年2月2日 - 1991年6月6日)
7月 8月 Clifford Brown (1930年10月30日 - 1956年6月26日)
9月10月 Bill Evans (1929年8月16日 - 1980年9月15日)
11月12月 Billie Holiday (1915年4月7日 - 1959年7月17日)

のようになってます。

生年月日、没年とあまり関係はないようですが、オチはありません。

I'll be back.

この間、福島に行った時に友人にそんなことを話した。
もちろん日本語で。

I'll be back.

どこかの国の知事(俳優)やどこぞの国の大臣ではありませんが。

若干場所は違うが、現実になりそう。

夏の終わりの日曜日の夕暮れ

云十年ぶりに訪れた街。
記憶とかなり違う。

ビルの谷間にある緑。
セミが鳴いている。
鳥もすみかにしている。

心地よい風が肌をなでていく。
わずかに湿気を感じる。

レンガの色が夕暮れに溶けこんでいる。

足早に駅に向かう人。
駅からのんびり出てくる人。

夏と秋
昼と夜
セミの音と鳥の鳴き声
喧騒と静寂
過去と現在
茶色と茶色
さまざまなものが交差する。

もう少し、ここにいましょう。

長月に

Tシャツ1枚では肌寒いほどなのに、
ミンミンゼミとツクツクホウシが鳴いている。

去りゆく夏をおしむように。

涼しい時に聞くセミの音はうっとおしくない。

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック