« 処暑 | トップページ | 8月も終盤 »

エヴァンスを聴け!

はい、いつも聴いてます。

ということで、この1冊。

4862120245

エヴァンスを聴け!

僕の一番好きな(現時点で)ジャズピアニストである、
ビル・エヴァンスの演奏が聴ける全181アルバムが紹介されています。
筆者はそうとう聴き込んだのでしょう、網羅的に詳しく書かれています。

で、こういうジャンルの本は、筆者の好みというか着眼点(音楽なので着聴点か)が
モロに反映されてしまうので、自分の感じと違ったことが書いてあると
全然読む気がしない。
というか買わない。

が、この本は違ってた。

ジャズの入門書を読むと、ビル・エヴァンスの演奏は「リリカルで繊細なメロディ...」
なんて紹介されていることが多い。
表面的には確かにそうなので、日本にファンが多いというのもわかります。
でも僕は「なんか違うなぁ」と思ってました。でもなんと表現したらいいかは...

それをこの本は一言で言い当てています。

♪ビル・エヴァンスの魅力は「かっこいいフレージング」にあり。♪

そうだ、これだ!
かっこいいんです。リリカルとも繊細ともオシャレとも違うのです。
ただただ、ひたすらかっこいいんです。

僕はそんなにアルバムを持っていないので、次はどのアルバムを
買おうかなという時のバイブルというか羅針盤のひとつとして、
手元において読んでます。
もちろん曲を聴きながら、「書いてある感想はホントか?」
なんてことを確かめるのにも使ってます。
(何のために?)

« 処暑 | トップページ | 8月も終盤 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50421/16221577

この記事へのトラックバック一覧です: エヴァンスを聴け!:

« 処暑 | トップページ | 8月も終盤 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック