« きょうは(BlogPet) | トップページ | 短かったり長かったり »

VIC FIRTH SIGNATURE MODELS

ドラムスティック。
僕が使うのではありません。

Vicsg

"管"は知識はイマイチで実技は全くダメですが、"打"についてはそれなりの知識と実技があります。
わかりやすくいうとドラムのことはある程度知ってるし少しは叩けるということ。
はい。今でも8ビートぐらいは叩けます。
バスドラのペダルに足が届けば。(自転車じゃないんだから)

で、教わってきた購入の条件は、
・メーカーは、VIC FIRTHがいい。
・チップ(スティックの先っちょ)の丸いもの。この方が音が安定する。特に初心者は。
・スティック全体の木目が揃っているもの。できれば柾目。
・平らな所を転がしてスムーズに転がるもの(ゆがんでないこと)。

ということと、初心者のため使いやすさや手になじむ感覚がわからないということで、
本人が真っ先に気に入ったこれに決定。
黒くてかっこいい。(名前を書くのが大変だが)
重さは1本50グラム。

なんと、僕の好きなあのスティーブガッド様のSINGATUREモデルではあーりませんか。(古っ)

うれしいので、比較用にTAMAのスティックも購入。
2セット購入しても3,000円弱。リードに比べれば安いもの。

ついでにチューナー付メトロノームの限定発売のピンク色もGet。
やっぱり、"打"はリズムとテンポ命なので。

Tdm70p

色違いで2台目となってしまった。

帰りにサイレントドラムを見る。
練習だけでなく本番でも使えそうなレベルのものが10万円弱。
衝動買いしてしまいそうになる。(そんなの無理ですって)

ということで、楽器屋さんに行く口実がまた増えてうれしい僕なのでした。

« きょうは(BlogPet) | トップページ | 短かったり長かったり »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50421/15231063

この記事へのトラックバック一覧です: VIC FIRTH SIGNATURE MODELS:

« きょうは(BlogPet) | トップページ | 短かったり長かったり »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック