« 夏の終わりの線香花火 | トップページ | 何もしない1日 »

国立天文台4次元デジタルプロジェクト

太陽系の惑星の定義が確定したことにより、冥王星が惑星でなくなってしまい、巷ではあれこれ騒がれていましたが、こんなスゴイホームページがあるのを知ってましたか?

国立天文台4次元デジタルプロジェクト

最近、深夜にNHK教育テレビの高校講座を見るのが楽しみになってますが、そこでこのソフトが紹介されていました。眠気が一気に覚めて真剣に見てしまいました。
具体的には"Mitaka"というソフトで、天文学の様々な観測データや理論的モデルを見るためのソフトであり、地球から宇宙の大規模構造までを自由に移動して、 宇宙の様々な構造や天体の位置を見ることができます。

と、引用はここまでにしてダウンロードしてソフトを起動しましたが、エラーとなってしまい詳しくお伝えすることができません。

なので、あとは皆様でお楽しみください。

ダウンロードしなくてもホームページで雰囲気をつかむことはできますので。

« 夏の終わりの線香花火 | トップページ | 何もしない1日 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50421/11756752

この記事へのトラックバック一覧です: 国立天文台4次元デジタルプロジェクト:

« 夏の終わりの線香花火 | トップページ | 何もしない1日 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック