« 木曜日はフレディの日 | トップページ | 終わりました »

多変量解析のはなし

多変量解析のはなし

けっこう面白い本です。

多変量解析という数学を、難しい数式をあまり使わずわかりやすい例と共に解説しています。

僕は、こう見えても(見えないってば)理系なので、実は(隠すほどのことはない)多変量解析はゼミの時に専攻してました。で、これを見つけた時に懐かしさのあまり手に取ったのでした。

あの頃は単位を取るためにイヤイヤ勉強してましたが、今は何の束縛もないので読み物として気軽に楽しめます。

数式はほとんど忘れてますが、考え方というか数学的に物事を把握することは、けっこう身についてると思ってます。(プチ自慢)

なので、この分野に興味のある方(いないと思うが)は、書店(たぶんないと思うが)やネットで探してくださいまし。

« 木曜日はフレディの日 | トップページ | 終わりました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50421/11995818

この記事へのトラックバック一覧です: 多変量解析のはなし:

« 木曜日はフレディの日 | トップページ | 終わりました »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック