« Stainless Flask | トップページ | 紙屋悦子の青春 »

YANO SAORI

このところ(前から)JAZZばかり聴いているのですが、みんな古い曲ばかり。50年も前なんてザラ。
最近発売されたCDにしても、その昔LPやSPだったものの再販であり録音自体は何十年も前。
モノラルはあたりまえで、録音状態が悪くノイズが入っているものもある。

これじゃいかん、懐メロ好きなオヤジと一緒じゃん(オヤジですが)。
しかし、新しめのジャズを聴こうと思っても、最近のオススメはあまり知らない。

ということでこの1枚。

B0000avsz109_pe05_ou09_scmzzzzzzz__1

矢野沙織のデビューアルバム。
彼女の敬愛するチャーリーパーカーの曲を中心にフューチャーしてます。これなら間違いない。
デビューアルバムというのはプレイヤー(アーチスト)の基本が詰まっているので、発売は2003年とさほど新しくはないのですが彼女らしさが出ているこの1枚をオススメします。
当時彼女は16才だったことを考えると、スゴイというか恐ろしいというべきか。
きっと練習熱心で真面目なんでしょうね。
お父さんはそう思います。(僕は彼女の父親ではありませんが)

曲は古くても新しい解釈で若者(自分がおっさんの証拠ですが)が演奏すると、「今の音」になるのですね。
録音もいいので音もクリアでキレイだし。
プレイヤーが素晴らしいのはもちろんのこと、曲そのものが素晴らしいこともその条件です。

ジャズは一般的に「夜」のイメージがありますが、このアルバムは朝から違和感なくすんなり聴け、実際僕は通勤中に聴いてます。

さわやかな気持ちになりたい方、どうぞ。
(最近、さわやか路線が多すぎやしませんか)

« Stainless Flask | トップページ | 紙屋悦子の青春 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50421/11481482

この記事へのトラックバック一覧です: YANO SAORI:

« Stainless Flask | トップページ | 紙屋悦子の青春 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック