« 亀甲萬 御用蔵醤油 | トップページ | 丸の内JAZZ »

海がここに来るまで

この季節にぴったりの上質のポップス。

Flcf30206

海がここに来るまで

発売は1993年と10年以上も前ですが、全然古くささを感じさせないどころか、むしろ今の気分によくフィットしています。
曲調はミドルテンポの曲、スローな曲から少しハードな曲までバラエティに富んでいますが、フォークを基調にしてAOR(懐かしいコトバ。死語。Adult Oriented Rock)を指向した、まさに「伊勢正三の世界」です。
歌詞のあちこちに「海」がちりばめられているのもうれしいです。

オープニングの「ほんの短い夏」は、少し涼しくなったこの季節をよく表現しています。
エンディングの「涙憶」は、たまらなく切ない気持ちになります。

"garden"の歌い方はちょいと不安でしたが、この頃はきちんと唄を歌っていたのですね。

今年は「ほんの短い夏」、だったかもしれませんので、しばらくこれを聴くことにしましょう。

« 亀甲萬 御用蔵醤油 | トップページ | 丸の内JAZZ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50421/11664915

この記事へのトラックバック一覧です: 海がここに来るまで:

« 亀甲萬 御用蔵醤油 | トップページ | 丸の内JAZZ »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック