« 今日は | トップページ | 月曜の夜はまた眠れない »

忠七めし

またケータイのバッテリーが切れてしまったので、現地から投稿できず写真もなく1日遅れです。
どうしてだろう。土曜日はほとんど使わず、フルではないが充電したばかりなので、また切れるなんて。

日曜日、買い物がてらおでかけしました。
忠七めしという名物があり、それをどうしても食べたいという人がいたもので。

まずは1週間分の食料品を買い込む。いつも買い物する大型スーパーがたまたま目的地の近くにあったので、そこであれこれと。
ちなみに、車にはいつもクーラーボックスが入っているので、何を買っても大丈夫。

ということで、昼時になったので目的地に到着。
ここは何度か訪れたことがあり、手すき和紙も作ったこともありますが、レストランに入るのは初めて。
本当は、本館のほうが良かったのでしょうが、混雑しているという情報もあり、お手軽な方にしました。

レストランに入りメニューを見ると、「1日15食限定」とあります。聞いてみたらまだあるとのことで、さっそく忠七めしをオーダー。どんなものかは事前にリサーチしなかったので、期待は盛り上がります。
深川めしや、かやくめしと並び日本五大名飯にも選ばれているようです。僕は知りませんでしたが。
で、忠七めしが到着しました。こんなのだったんだ。
店員さんに食べ方を教わり、「いただきます」。
・おひつにあるごはんを茶碗に盛る。
・白髪ネギ、わさび、ユズを入れ、お好みでお新香、ごぼうの漬け物、浜納豆を加える。
・そこにたっぷりだしつゆをかけていただく。
要は、お茶漬けですね。

ごはんに大量にまぶしてある海苔の香りとだしのきいたツユ、そしてなによりおいしいごはんが一体となって、とってもおいしかった。ごはんは2膳分あるのでおかわりしても大丈夫。
お腹もいっぱいになり大満足。

でも、冷静に考えたら、お茶漬け以外の付け合わせが、日によっても変わるでしょうが、
・ロールキャベツ
・こんにゃくの煮物
・山菜(コゴミか?)
・わかさぎと山菜の天ぷら
・味付けゆで玉子、など
であり、名物というにはどうかなと。
確かにおいしいのですが、限定にするほど手がかかっていないのでは。
この内容でこのお値段は、名物料を考えたとしてもちょいとつらいのではと考えてしまいます。

と、あれこれ言いたいことを言いましたが、いずれにしてもおいしいのは間違いないので、みなさまも立ち寄られた時には食べてみることをオススメします。

それからあちこち寄り道、わざと回り道して、ついでに故障して困っていた季節品の電気製品(思ったより安かった)を買って、服も買って(僕のじゃありません)ご帰宅。

夕方になってから衣料品の特売を思い出し、もしまだ売ってればとでかけたら、ありました。
僕の欲しいのは赤(また赤かよ)でしたが、売り切れです。
まあ、でも安く手に入ったからいいや。
何を買ったかは、またいずれ。(そんなにたいしたもの買ってませんから)

« 今日は | トップページ | 月曜の夜はまた眠れない »

食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50421/9631834

この記事へのトラックバック一覧です: 忠七めし:

« 今日は | トップページ | 月曜の夜はまた眠れない »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック