« ワールドタンクミュージアム | トップページ | Finale Note Pad »

SWING GIRLS オリジナル・サウンドトラック

またまた、SGネタです。

SWING GIRLS オリジナル・サウンドトラック

映画のDVDを見て、ファースト&ラストコンサートのDVDも見て感動したので、次はサウンドトラックかなと。このCDには、ガールズの演奏と映画中に流れている曲が収録されています。

ガールズの曲については、演奏もさることながら、アレンジと、選曲が的確で「売れるツボにはまり、当たった。」のだと思います。ムーライトセレナーデにはなんとなく違和感を感じましたが、これはグレンミラーサウンドになくてはならないクラリネットのパートがガールズにはないためとわかったからですが、でも素晴らしいです。

アレンジ(スコア)は、原曲の持ち味ととビッグバンドのダイナミックさ、ライブではつきもののアドリブ演奏のノリを生かして、まさにスイングするものになっています。特にソロパートは、アドリブしているようなメロディ(実際はそんなことはないでしょうが)で、スイング感をさらに盛り上げます。

選曲についてはいうまでもありません。カッコいいのはもちろんですが、メキシカン・フライヤーからシング・シング・シングに至る流れは、ドラムソロでメドレーにしているので、まるでひとつの曲のように聞こえます。

収録時間が短いため、あっという間に終わってしまいリピートしっぱなしにしても、続けて聴いてもあきません。

が、最後に収録されている、失恋してもラヴィン・ユー / 工場のフォークデュオ、はいかがなものでしょうか。サウンドトラックなので必要だとは思いますが、ガールズの演奏の良さを一気に壊してるのではと。でも、だからこそ収録したのでしょうか。昔の学生が作ったような雰囲気があります。作詞は矢口監督だし。

« ワールドタンクミュージアム | トップページ | Finale Note Pad »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50421/4364236

この記事へのトラックバック一覧です: SWING GIRLS オリジナル・サウンドトラック:

« ワールドタンクミュージアム | トップページ | Finale Note Pad »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック