« スウィングレディース | トップページ | 夢の超音速自動車 »

江戸独楽

わりと良く出かけるデパートで、「江戸職人芸展とうまいもの市」という催し物をやっていて、何かいいものはないかなとのぞいてみました。

昼食の直後だったので、おいしそうなものはたくさんあるのですが、さすがに触手が伸びません。とかいいつつ、中にカスタードクリームやチョコが入っている小さな鯛焼きがあったので、満腹にもかかわらず思わず試食に手を伸ばしてしまい、お買い上げとなりました。別腹です、って結局は同腹なんですけど。

職人芸とは、桐のタンスとか、べっこう細工、彫金など、年寄りくさいというかイマイチ購入意欲がわきません。

で、帰ろうとしたらおまけが、小宮耕生さんという江戸独楽職人の作った芸術的な独楽が、エスカレーター脇にひっそり飾ってあるのを見つけ、そこから動かなくなってしまいました。僕は知りませんでしたが、この分野では有名な方のようです。中でも目をひいたのがとっても小さい独楽。でも小さいながらきちんと回るし(当たり前か)、なによりかわいいです。独楽5個とケースでおいくらという価格になってます。う~ん、結構高い。どうしようかなと考えていたら、小宮さんが「ちょっと新しいの作るからね」といって、目の前で作業をはじめました。これが職人芸というのでしょうか、非常に繊細で手抜きがなく、しかもムダのない動作にしびれます。とかいっているうちに、飾ってある独楽よりさらに小さな独楽を作ってくれました。これは、もう買うしかないでしょう。

そうこう言っているうちに、留守番用にとさらにもうひとつ小さな独楽を作ってくれました。結局お土産を含め独楽5個、サービスの小さな独楽とケースを2つ買いました。大満足。小宮さん、ありがとうございました。

edokoma


左のが直径10mm、中心のが6mm、右のが4mm!です。線も3本も描かれています。もちろん、よく回ります。

個人的には一緒に置いてあった、「富士見独楽」が気に入りました。独楽の上部が赤と青と黒で塗り分けられ、回して横から見ると、「富士山の冠雪」に見えます。ステキ。

« スウィングレディース | トップページ | 夢の超音速自動車 »

買い物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50421/4544615

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸独楽:

« スウィングレディース | トップページ | 夢の超音速自動車 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック