« 花言葉 | トップページ | 梅雨入り »

スウィングガールズ(本)

まだこりずにSGネタです。

スウィングガールズ

本の存在は知ってはいたものの、映画(DVD)を見たから「買わなくてもいいや」と思っていましたが、口車に乗せられてまんまと買ってしまいました。
矢口監督による映画の原作本です。

普通、というか僕の常識では、原作本はあくまでも原作であって、映画と展開やストーリーが異なっていたり、サプライズがあるのが当たり前と考えていました。しかし、この本は映画を作るのに合わせて書かれたとあるだけあって、映画と全く同じ展開になっています。違うところといえば、各シーンにおける登場人物の心情や心の動き、ストーリー上ちょいと無理があるかなというシーンのつじつまというか、突っ込みが書いてあることでしょうか。

だからといって、つまらない訳ではありません。映画を見ているからこそ楽しめる。繰り返し笑えるものになっています。サスガです。

カバーイラストも矢口監督によるものです。ヘタウマというのではありませんが、味があります。

« 花言葉 | トップページ | 梅雨入り »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50421/4512704

この記事へのトラックバック一覧です: スウィングガールズ(本):

» スウィングガールズ [AML Amazon Link]
スウィングガールズ [続きを読む]

« 花言葉 | トップページ | 梅雨入り »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック