« おニューのサイフ | トップページ | 窯焼きピザとパスタ »

タイヤ交換

なぜ、この時期に。

このところ、車のタイヤの減りが気になっていました。これはミニバン、ワゴン車特有の偏摩耗(片減りというらしい)です。確かにタイヤの角(ショルダーというらしい)の部分が減っています。フラフラしたりスリップしたりというのはないのですが、ちょいと不安です。

そういえば、新車時に着いていたタイヤのメーカーは忘れてしまいましたが、片減りはしてなかったような。今のタイヤは2世代目で、ちょうどサイズが合うということで、セダン用の新品同様のタイヤをタダ同然でお世話になっている人から譲り受けたものです。だから片減りしてしまったのか?
いつものガソリンスタンドで給油している時、運悪くこの片減りを指摘されてしまい、しばらくはこのままでも問題はないが、できれば早めに交換した方がいいと。と言われた直後に6・7月限定のタイヤセールのチラシをもらいました。う~ん、商売上手。
ここの整備会員になっていることもあり、結構値引きしてもらえ、かなりオトクなようなので見積をもらいました。なんとか予算内に入っているので、オーダーし交換の日時を決めました。

そうこうしている間に、左のブレーキをかけた時に異音(シュー、カラカラという乾いた音)も気になり、ブレーキパッドの摩耗と思いタイヤ交換を待たずに、再度スタンドに行きました。タイヤのことを聞いてみたら届いているとのことで、交換ついでに見てもらったところ、結構やばいレベルまでブレーキパッドが減っていたよう。なので、これもオーダー。2~3日かかるそうです。
帰りは新しくなり、黒光りしているタイヤで、安全を確認しつつ蛇行運転してみました。確かに挙動は安定しているような気がします。

来月は車検だし、なぜ出費のかさむこの時期に重なるの。ひぇ~。

« おニューのサイフ | トップページ | 窯焼きピザとパスタ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

重心の高い車は、自ずと車体の傾きも大きくなりがちで、サスペンションがしっかりしていないと、すべてタイヤが支えることになります。そうなればどうしても片べりしますよね。ましてやブレーキも、車重+乗員重量+荷物重量となれば、ミニバンなどは結構な重量になり、ブレーキパッドもセダンなどに比べると減りが早いと言われています。

タイヤを替えることは良いことだと思います。本当はサスペンションも少し堅めにセッティングできれば、言うこと無しなんですが、いかんせん価格が・・・・・

なので私は、ミニバン・ワンボックスタイプの車には乗りません!(きっぱり)車高は150cmまで!!

愛車は二代目オデッセイです。
走行距離11万キロ。
片減りします、します。
夏タイヤ買えないので、今スタッドレスはいてます。
ちょっとウルサイが。
ブレーキも効きが悪いようだが。

デカイ車は維持費がかかるので、
今度は小さい車にしようと思う
今日このごろです。

もっとも、20万キロ位までガンバローと思いますが。(たぶん、後3年位)

taechiさん
車高の高いクルマは取り回しは大変だけど視界が高いのでラクチンです。他のクルマをちょいと見下ろす感じが、、、。

itoさん
うちのは走行距離約7万キロ。
来月車検をとおしてその次の車検くらいまではがんばってほしいものです。その後は新車を買うのでしょうけど、運転位置の高いクルマが好きなので今から目星を付けていますが、ワゴン以外だとRVくらいしかないです。
となるとまた、偏摩耗が、、、。

おぉ!! やはりここにも私の知っている輩たちが!!
makoちゃん! 車の整備だけは、しっかりやっておかなければ!! 異常が発見されてからの整備(部品交換)では遅いですよ。 定期的な検診をお薦めします。 こんな感じで体のほうも気を付ければいいのですがねぇ・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイヤ交換:

« おニューのサイフ | トップページ | 窯焼きピザとパスタ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック