« 100円のコーヒー | トップページ | スポ根 バンザイ »

Roland JC-120

知っている人は知っている(当たり前)ギターアンプです。

初めて触った時、そして音を出した時、感動しました。
なんて、キレイな音なんだろう。なんて、自然で広がりのある音なんだろう。
ギターの腕前がグッと上がったように感じました。

ギターの音がそのまま出ているし、エフェクトとしてついているコーラスの音が魅力的です。
自然な音ですが、空間の広がりを感じるというか、奥行きもある音です。
まさに「弾く人の力量が問われる」アンプです。

まだ現役として販売してて、第一線で活躍しているのは、本当に凄いことだと思います。

« 100円のコーヒー | トップページ | スポ根 バンザイ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

仕事で訪れた体育館の、ステージ上手側の道具おきばに、
無造作においてあるのを見たときは、思わず電源入れて
ギターをつないでみたいと思いました。

この春の出来事です。

いやぁ、そうでしたか。
何となく思い出してこのネタにしたのですが。

これって、偶然、必然、運命、たまたま?

自分でも何でこんな所にと思ったのですが、
関係者曰く、「確か2月の予餞会の時に使った
んじゃあないか。」と。
「文化祭の時にも使ってますよ・・・。」

なんて贅沢な・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50421/4201171

この記事へのトラックバック一覧です: Roland JC-120:

« 100円のコーヒー | トップページ | スポ根 バンザイ »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック