« スポ根 バンザイ | トップページ | あの素晴らしい愛をもう一度 »

交渉人 真下正義

見ました。

交渉人 真下正義

時間を間違えてしまい、上演開始5分前でしたがなんとかギリギリ間に合いました。席もそんなに悪くなかったですが、最近の映画は始まるまでの予告編というか広告がかなり長いので、ちょいと退屈。

いよいよ始まりました。
おおげさな演出、音響効果でグイグイ見るものを引き込みます。このあたりは映画館で見る醍醐味であり、家ではこんな大音量で見ることはできません。

ストーリーはまだ見ていない人のために書きませんが、個人的には犯人のオチが気にいらなかったです。

最先端のIT技術と人間の織りなすハーモニーというのでしょうか、インテリジェンスな描写と人間臭い演技のバランスが取れていて、緊張感あふれる中にも笑いがありと、盛りだくさんの内容です。

今回、一気に主役級(と僕は思っている)になった木島警視の演技が、同姓から見てもカッコイイです。乱暴さとナイーブさを併せ持つ、寺島進さんだからこそ演じられる、まさにハマリ役です。

僕としては「交渉」に関する描写と展開をもっと見たかったのですが、これは期待はずれ。たいして交渉してないじゃん。と思ってしまいます。

でも、見て絶対に後悔しない映画です。

もちろん、次回作(?)の「容疑者 室井慎次」への伏線もバッチリです。さすが、商売上手。

« スポ根 バンザイ | トップページ | あの素晴らしい愛をもう一度 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50421/4246134

この記事へのトラックバック一覧です: 交渉人 真下正義:

» ■交渉人 真下正義 [ルーピーQの活動日記]
   レインボーブリッジを封鎖して解決した「台場連続殺人事件」。その事件直後、真下正義警視(ユースケ・サンタマリア)は湾岸署の前で報道陣に取り囲まれ、警視庁初の交渉人として、事件解決の経過を説明していた。1年後、2004年12月24日。警視庁交渉課準備室..... [続きを読む]

» 映画「交渉人 真下正義」 [RAKUGAKI]
この映画の主役は無人で走り回る電車「クモE4-600」でしょか。地下鉄路線内に唐 [続きを読む]

« スポ根 バンザイ | トップページ | あの素晴らしい愛をもう一度 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック