« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

精神年齢鑑定したら

予想どおり?と言おうか、実年齢と同じでした。
Webサイトにあったので軽い気持ちで答えてみたところ、こんな結果でした。自分としてはいくつになっても成長しないというか、結構ガキっぼいと自覚していたので、この結果はちょいと複雑です。
おかしいと思い、再度じっくり考えながら回答しましたが、3才若返っただけでした。

若くあってほしいと思いながら回答したのはいうまでもありません。
そっかぁ、結局、中も外もおやじなのね。そんなことに気がつかされたある春の日の昼下がりでした。

チャームポイントは目

花粉症対策で大きかったり、立体成型のマスクを見るのもだいぶ慣れてきました。
出始めの頃は異様な感じがしたものですが。
で、気がついたことがあります。特に女性なのですが、少ない人でも顔の露出面積のおよそ40%(推定)、多い人では75%(従来比)もマスクで覆われていて、誰が誰だかわかりません。

その中でとてもキレイな人を見かけることが多くなりました。元々キレイなのか、露出部分が少ないからそう見えるのかわかりませんが、いずれにしても「目美人」が結構います。

チャームポイントは目なのね。マスクをはずしたらがっかりしたりして、、、。

びっくりラーメン

だんだんB級グルメのブログ化しつつあります。
元々の予定である音楽の投稿を増やさないと。

ということで、びっくりラーメン

180円でラーメンが食べられます。おいしいし、メニューも豊富だし、お店もキレイだし、なにしろリーズナブルです。
難点をいえば、量がちょいと少ないかなという感じはありますが、セットメニューをオーダーすればお腹も満足です。実際、僕も180円ラーメン単品でオーダーしたことはありません。

関東地区にはまだあまりお店は少ないのですが、もしお近くに立ち寄りの際はぜひご利用ください。ちょいと小腹ががすいた時などいいですよ。

冒険とイマジネーションの海へ

行ってきました。何回来てもいいですね。

3月最後の日曜日ということもあって、ものすごい混雑を覚悟していたのですが、春休み中の日曜日というのと、出発が早かったのが功を奏したのか渋滞にもはまらず、ファストパスを使わなくてもお目当てのアトラクションとショーはだいたい見られて、うちの嗜好に合うレストランを発見できて、おまけにお気に入りの自分へのお土産も手に入れることができました。

中でも、ロストリバーデルタのハンガーステージで行われる、「ミスティックリズム」は最高です。ライブショーとパフォーマンスを組み合わせた、とてもエキサイティングなステージです。前に見たことがあるのでストーリーはわかっていますが、それでも十分に楽しめます。

いつもはクタクタになって帰ってくるのですが、今回は満足度最高!という感じです。

907 SAKURA

今日、3月27日は「さくらの日」だそうです。

桜のケーキの後は紅茶です。
で、この紅茶。レピシエ「907 SAKURA」です。

レピシエの紅茶、現代のフレーバードティーを中心に大好きです。
813 白桃 MOMO
837 マスカット MUSCUT
838 グレープフルーツPAMPLEMOUSSE
843 バースデイBIRTHDAY
858 ブルーベリーBLUEBERRY
861 巨峰BUDOU
などなど。この中では、バースデイが一番のお気に入りです。

さて、この907 SAKURAは、塩味の桜の葉で紅茶を香り付けしたフレーバードティーで、桜のほのかな香りがすてきです。
「今年は桜の香りを活かして品のいい余韻を生み出すために、柔らかいダージリン紅茶を中心に数種の茶葉をブレンドしました。」とのこと。確かに育ちの良さを感じさせてくれる気品にあふれた香りです。春らしいお菓子とあわせてもおいしいし、お茶だけで頂いても充分楽しめます。

お店によっては売り切れてしまう可能性もありますので、お早めに。

お月様

とてもキレイでした。
さえぎる雲もなく、うさぎさんはのんびりお餅をつけたでしょうね。
昔から満月の夜には何かがおこるという言い伝えがありますが、さあ、何がおこるでしょう。
無事を祈ります。

桜のケーキ

ちょいとしたお祝いごとがあったので、前に紹介したお気に入りのイタリアンレストランにランチしに行ってきました。
店内に入ると、レジカウンターの隣にあるケーキのショーケースが真っ先に目に入りました。季節のデザートということで桜のケーキがおいしそうです。

メニューは、パスタにしようか、ピザにしようか、はたまたドリアにしようか悩みましたが、3月の限定メニューにあった、菜の花と豚肉のペペロンチーノのセットをオーダーしました。ランチタイムなのでサラダとドリンクがセットになっていてとてもおトクです。お味は菜の花がアクセントになっていて、春らしくすがすがしい味です。他にピザを2種類、和風パスタを1種類オーダーし、一口ずつでしたが味見できました。それぞれ素材の特長を生かしておいしかったです。
大人数で行くとこういったことができるのでとっても楽しいですね。

一緒に行った人がセットで桜のケーキをオーダーしました。スポンジの上に生クリームをのせ、イチゴのスライスをトッピングし、その上にぎゅうひをかぶせてありました。これがちょうど桜色に見えてキレイでした。季節は違いますが雪見大福と同じような食感でおいしいとのことでした。というのは、僕は食べることができなかったからです、、、。

マウス新調

マウスが壊れたので、前に紹介したエレコム「bit grast」を買おうと思いましたが、せっかくなのでこれを機会に他にもっと良いのがないかいろいろ物色しました。

有名な微軟社(MicroSoft)のもの、ワイヤレスタイプ、前回の投稿にコメントのあったロジクールのMXシリーズ、「bit grast」より一回り大きい「pop grast」などなど、店頭にあったものを大小やタイプ問わずいろいろいじり倒したのですが、結局エレコムの「bit grast」が一番フィットしたので、これにしました。

分解能が向上したのか、動きはとてもスムーズでマウスの動きにカーソルが素早く追随しています。コードリールは便利なのですが僕のように特殊な設定が好きな人にはかえって使いにくいかも。でもやはりこのサイズはベストです。前に使っていたものは普通の黒いタイプでしたが、せっかく(何が)なのでガラスのスケルトンタイプにしました。しかし、当たり前ですが使うたびに赤いLEDが点灯するため、ちょいと目障りかなという印象はあるものの、これも慣れの問題でしょう。

さあ、これで生産性アップ、効率アップ、仕事がスイスイ片づく、ことになればいいけど、、、。

サツキとメイの家

こんなのほしかったです。数千円もするものはあったのですが、これはいいなと。
3月18日のほぼ日刊イトイ新聞のコラム、「今日のダーリン」を見て即予約しました。限定とか特別といったキーワードに弱いもので、、、。
アットローソンの会員だったこともあり、Webで予約し代金支払いと商品受取先に指定した近所にあるローソンにいって、Loppiを使って簡単に手続きすることができました。ただ残念なのは、商品の受け取りが5月31日以降になるとのこと。今すぐにでもほしいのにぃ。

この「サツキとメイの家」は、みなさんも良く知っている「となりのトトロ」の主人公であるサツキとメイという姉妹が暮らす草壁家を物語と同じ昭和初期の建築手法を使って再現したもので、「愛・地球博」の森の内に建てられました。それを忠実にモデル化したものです。
ローソンのみの限定商品で、期間も限定です。

愛・地球博」に行く予定はないのですが、テレビで紹介されてから非常に気になっていました。行けそうもないのなら、せめて関連グッズだけでも。

となりのトトロ」は映画とビデオで何度も繰り返し見ています。ストーリーはすべてわかっているのに見てしまいます。特に物語と同じ初夏になると、もう見ずにはいられなくなってしまいます。自分でも理由が良くわからないのですが、考古学者であるメイとサツキのお父さん、草壁タツ夫(声、糸井重里)がメイとサツキを連れて家の裏にあるクスノキの前に行って、お父さんが娘二人に話しかけるシーンがあるのですが、いつもこのシーンになると、なぜか胸がいっぱいになって涙が出てしまうのです。

きっとこれが届いたらじっくりと見ながら涙を流してしまうんでしょうね。

ユーカリの切り枝

ホームセンターでユーカリの切り枝を買ってきました。もちろん花粉症対策です。
いつもはもっと早めに買うのですが、今年は注射も2回したし大丈夫だろうとたかをくくっていたところ、ここ数日の花粉の飛散状況によりまたまた悲惨な状況になってしまい、待ったなしになったからです。

さっそく、玄関、キッチン、洗面所などなど家のあちこちに花瓶やワインの空きボトルをフル動員して生けました。去年は玄関を中心に生けておいたのですが、家に入ったとたんにハーブと同じような爽快感のある葉の香りに包まれて、気分がだいぶ楽になったものです。で、遅ればせながら今年もやってみました。

もう時期的にユーカリを扱っているホームセンターは少ないかもしれませんが、花瓶に入れて生けているだけでも効果が実感できるし、緑の葉は見た目にもいいし、割と長持ちするし、なによりとても安い(僕の買ったのは105円)ので、これからでも試してみる価値はあると思います。花粉症に悩んでいる方はどうぞ。

ラブ!ミスド

3日も空いてしまいました。お楽しみ頂いていたみなさまには大変失礼しました。って、いないかそんな人。
おかげさまで復活しました。

ミスタードーナツが大好きです。

もともと割と利用しているのですが、最近は1ヶ月おきくらいに105円セールをやっているのでとても良く利用していて、先日も買い物に行った先にミスドがあったので時間もちょうど良かったのでランチにしました。たまたま105円セールだったのでラッキーです。

メニューも多様化していて新商品がどんどん発売されています。僕はずっとオールドファッション一辺倒だったのですが、105円セールのおかげでフランクパイやカレードーナツなどのノンスイーツ系を中心にいろいろなドーナツを食べるようになりました。そういえば、新メニューだったけど消えてしまったドーナツもあるような、ないような。でも、なんといってもコーヒーが大好きです。時間帯やお店の混雑度によって濃さの差があったりしますが、僕の好きな味です。しかもおかわり自由だし、もうサイコーです。
この日はフランクパイとカレードーナツ、とうふドーナツ金ごまとコーヒーでした。
病み上がりですっかり食が細ってしまったのか、3つでお腹いっぱいになってしまいました。コーヒーはおかわりしましたけど。

キャンペーンの時にもらえるミスドカードも好きです。昔からのバッグやお皿、お弁当箱などたくさん持っていて、現役で活用しています。今回は4ポイントにしかならずグッズをもらうにはあと1ポイント足りないので、次はいつ行きましょうか。六実デリサンドを注文しに。

お元気ありません

昨日から腹痛と吐き気があり、食欲もありません。
医者に診てもらったら、風邪からくる胃腸炎とのこと。
せっかくの連休なのに、予定が狂ってしまいました。
みなさまもお気をつけくださいませ。

オススメのマウス

メインで使っている光学式マウスが壊れた。
ここ何ヶ月か左クリックがおかしく、マウスを見てみるとバネがへたっているのか、カチカチといった動作が不安でした。今度はケーブルの接触不良なのかで、ついにLEDも点灯しなくなり、もうこれはダメだと。

マウスの好みは人それぞれで、PCを主に何に使うかや手の大きさ、置き場所などによりさまざまだと思います。
キーボードもそうでしょうが、使いやすいかどうかで仕事の効率や生産性が大幅に変わります。
僕は男としては手が小さい方なので、マウスを「手のひら全体で、がばっとつかむ」のではなく、「軽く手を添えて指先でクリック」ようにして使っているため、小さいマウスが好きです。発売当初からエレコムの「bit grast」を愛用しています。でも僕の使っているタイプは後継機種が販売されているのでこれを買うことにしましょう。コードリールも付いて持ち運びと収納に便利になっているようです。

定期演奏会ホールの思ひ出

学生時代のサークルで音楽をやってました。
機会があって定期演奏会をやったホールの前を久しぶりにとおったら、ふっと当時のことがよみがえりました。
定期演奏会のことはいずれ書くとしてホールについてちょいと。

---ここから昔の話---
定期演奏会は毎年12月上旬に行われていて、この時期になると駅前広場の木はイルミネーションで輝いています(これは今でも)。当日、僕らは学校から機材を持ってくるグループと直接現地にくるグループとに分かれて、下宿していた人間が学校から近いため機材担当になっていました。この分担は学年によっても違い、校風とサークルが体育会系か文化系かによっても違いますが、
・1年生は奴隷
・2年生は平民
・3年生は社長
・4年生は神様
みたいな力関係と階層構造がハッキリしていました。僕らは文化系だったのでそれほどきびしくなかったと記憶してます。3年生の時には確か当時のガールフレンドに会場の場所を教えると言う口実で、一緒に行ってもらったと記憶してます。
駅からホールまではまっすぐな道で、12月と寒い時期ということもあり、朝の冷たい空気と緊張感に包まれながら、ギターを持って歩きました。
ホール入口から左側にある路地を入った所にある機材搬入口前が集合場所です。集まっているみんなの顔もこれから始まる定期演奏会への期待と緊張と不安でいっぱいでした。

---ここから今の話---
駅からこのホールまでの道は記憶より近かったんだなぁと思い、駅前ビルはそのままで、古いお店もいくつか残っていました。それなりの人口と繁華街と官庁を抱えている街であるにもかかわらず、街の風景は記憶とはそれほどかけ離れていませんでした。普通なら会場であるホールの入口付近や受付を覚えているのでしょうが、僕は機材搬入口の方を良く覚えていました。やっぱり職業病なのね(何の)。
卒業式シーズンなので羽織袴姿の女学生(古い言い方)も見かけました。昼間だったのでイルミネーションは見られませんでしたが、きっとキレイなのでしょう。

音楽、定期演奏会、卒業、あまり変わらない町並み、寒さ、緊張感が交錯したひとときでした。

ワーズワースの庭で

みなさんは覚えていますか?

その昔CX系列で放送されていた番組で、趣味と思索をこよなく愛した詩人「ワーズワース」にちなんだ番組です。

ワーズワースの庭で

本屋でウロウロしていたらこの本を見つけました。中を見るとそこは番組と同じで独特の雰囲気があり本屋にいながら僕を趣味の世界に連れて行ってくれました。もちろん、あのテーマ曲が頭の中で流れ始めました。作者は松山猛で彼の知識と見識の量と深さにはびっくりさせられます。一生縁がないであろう「祇園」や「プロヴァンス」、ちょいと敷居の高い「銀座のバー」や「着物」もありますが、「居酒屋」や「パスタ」といった日常的なもの、つまり道楽もきちんと紹介していてバランスが取れています。

トリビアの泉ほどではありませんが、日常生活をおくる上ではあまり関係がない知識でしょう。

でも、いいんです。だからこそ道楽なのだから。

もう一度この番組を見たいという人が多いのか、CSで再放送されているようです。僕は見られません。

子供の科学

子供ではありませんが毎月買ってます。

僕のように「永遠の科学少年」にはピッタリの本です。
子供向けということもあり、最新の科学事情や、今月の天文の様子、ニュースなどがわかりやすくまとめられていて、大人でも十分に楽しめます。実験や工作の記事もあり、巻末には付録として紙ヒコーキの型紙が毎月付いていますので、これだけでもかなりお得感いっぱいです。でも、ライターの知識不足や文章力不足がわかる記事がたまにあるのが、残念ではありますが。

毎月10日前後が発売日ですが、発売日をのがすと普通の本屋さんではまず手に入れることがムリなので、定期購読や大手書店で購入するのがベターと思います。

特に今月は【別冊付録】KOKA手帳2005が付いてます。もう、これは必携でしょう。
昔、科学大好き少年だった君!、理科が得意だったアナタ、みんな本屋さんに急げ!
またはWebにアクセスすべし。

鼻すっきりメントール

今週になって暖かい日が続くようになり花粉症が悪化しています。
2回目の注射をしたのでこれで少しは改善するとは思いますが。

あまりに消費が激しいので職場で使っていたティッシュがなくなってしまい、近くのコンビニに買いにいったらありました。パッケージを見て即購入です。

エリエール、ローションティシュー、鼻すっきりメントール

Webを見ると新商品のようです。今までローションタイプのティッシュを使ったことはありましたが、これもしっとりやわらかで肌(鼻)触りがよいので快適です。しかも、「5種類の天然ハーブ配合」となっていて香りがついています。これが使うたびにさわやかな気持ちにさせてくれて、つらさから少し解放してくれます。

花粉症や鼻炎でお困りの方、ぜひ使ってみてください。
ちょいと高めですがそれだけのことはあります。

神楽坂通り

花粉症の注射でお世話になっているお医者様が神楽坂にあります。
今年は花粉の飛散量が多くここ数日ボロボロでしたので2回目の注射をしてきました。
これで正常な社会生活が営めるでしょう。
いつもは駅と病院の間を往復するだけでどこにも立ち寄ったりはしないのですが、ちょうどお昼時ということもあり、ちょいと足を伸ばしてみました。
神楽坂駅、早稲田通りから神楽坂通りを抜けて、飯田橋駅までの下り坂です。

ここの通りは比較的広く、道の両側に昔からの伝統を受け継いでいて風情のあるお店と、カタカナで洋風のお店が仲良く並んでいますが、どこでもいいから角を曲がってみるとこれもまた風情のある路地がたくさんあります。神楽坂は元々花街ということもあり、「粋」な雰囲気がただよっています。おおげさでなく、小唄でも聞こえてきそうでした。
で、どこに似ているんだろう?とふと思いました。
京都ほど閉鎖的でないし、谷根千(谷中・根津・千駄木)ほど庶民的でもない。路地の雰囲気は月島・佃あたりに似てないこともないが、「坂」であるのが違う。やっぱり神楽坂は神楽坂なのね。いつまでも変わらないでいてほしいなと思いました。

もうすぐ桜の季節になります。
ここの近くには桜の名所が多いらしいので、夕方とか夜、また訪れてみたいものです。

ブログサイトは機能で選ぶ!!

毎週楽しみにしている週間アスキーの記事です。
容量、アフィリエイト、デザイン、使いやすさをチェック。となっていて、まずは、用途に合ったブログ・サービスを選び、「コミュニティ重視、日記・備忘録、アフィリエイトの3つのカテゴリから自分にとって重要な項目を比較検討して、もっとも目的に合ったサービスを選んでブログを始めてみよう。」となってます。ここでは、12の代表的なブログ・ホスティングサービスから選択しています。

僕はパソコン通信の頃からniftyを利用しており、迷うことなくココログを選択し今日に至っているのですが、この記事は手厳しいです。

総合評価で二重丸となっているのは、

livedoor blog
ヤプログ

のみであり、普通の丸は、

エキサイト・ブログ
はてなダイアリー
SeeSaaBLOG


の3つしかありませんでした。

残念ながら我がniftyは三角になってます。確かに、カスタマイズ、デザイン、使いやすさが今ひとつなのは提供する側も認めることでしょう。ディスク容量を倍にしても、どうかなぁ?という感じです。

ガンバレ、cocolog。

月間歌謡曲

僕がまだ若かった頃には、平凡とか明星というアイドル雑誌があり付録として「うらうたぼん」が付いていて、ヒット歌を覚えたり、ギターを弾いたりと結構活用してました。最近はそんな本もなく寂しい日々を過ごしてきました。そんな時、突如僕の目の前にに幸せが巡ってまいりました。あぁ、なんということでしょう。あれほど寂しかった日々が匠の手によって、、、。
某番組の影響受けすぎて暴走。閑話休題。

この本は前に1回買ったことがありますが、RYTHEMホウキ雲がどうしても弾きたくてショッピングモールへの買い物がてらテナントの本屋さんで買ってしまいました。

月間歌謡曲

今の若者はこれで歌ったり楽器を演奏したりするのでしょう。ほとんどの曲にコードが付いていて、きちんと譜面の付いている曲もあります。

掲載されている曲は誌名のとおり歌謡曲が中心で、学生時代のサークルの顧問の先生に言わせれば「刹那的な流行歌」なのでしょうが、「掲載総曲数260曲」の中で僕の知っている曲は10分の1以下でした。トホホ。僕は流行でないのね。
表紙のタイトルもステキです。「ゲッカヨ特注【初心者でもFが押さえられる】」って、言うじゃな~い。興味のある方は本誌を手に取るばかりでなく、ぜひお買い上げください。500円で家族中楽しめますよ。
> ここは突っ込むところですので、みなさまどうぞ、突っ込んでくださいまし。

それでは、気を取り直して練習しましょう。ホウキ雲は予想どおり、#とbのオンパレードで万年ピアノ初心者の僕にはかなりつらいものがありますが、がんばりましょう。

この曲なんだろう?

月曜日の朝、ロッテリアで深炒りコーヒーを飲みながらダンボの耳になっています。
さっきから流れているこの曲はなんだろう。アコースティックギター2本でスローテンポの曲です。Windham Hillほど叙情的ではないが山弦ほどアグレッシブでもない。たぶん、サムピックで弾いているのでしょう。ピックと弦が当たる音がとてもステキです。

そうこうしているうちに次の曲はバイオリンも加わっていて、すっかり雰囲気はWindham Hillです。そうしたらお次はギターをガットギターに持ち替えた(?)ソロで、クラシックギターの練習曲のような曲です。あぁ、ピアノも入ってきた。もはや同じアーティストかどうかわからない。でも、この時間帯にピッタリの曲ばかりです。

こういう場所のBGMって有線放送が多いと聴きましたが、ジャンルだけでなくミュージシャンも選べるのかしら?ただ順番に曲を流しているのかもしれないけど調和が取れています。プロの仕事ってこうなんでしょうね。

回転寿司

新聞に広告が入っていて、たいして食べたい訳でもなかったのですが、どうしても食べたいと言う人がいたので、じゃあということで。

ひさびさです。お昼時だったので混んでいましたが、待つこと20分で入れました。春先なので新ネタが多くとてもうれしかったです。グルグル回っていることもあり、値段はとってもリーズナブルですがおいしくてそれなりに満足できます。

僕が食べたのは確か、
・えんがわ
・しらうお
・あじ
・トロサーモン
・かわはぎ
・カレイのこぶ〆
・豚カルビ
あと何か忘れてしまった。
好きなネタがかたよっているので、いつも青魚系か白魚系で今日は白い魚が多かったですね。

昔は、寿司=お寿司屋さんor出前。でしたが、
今は、寿司=回転寿司orデパ地下のお総菜コーナーのお寿司。ですね。
寂しいような複雑な気持ちです。

5本指ソックス

健康ネタは年寄り臭くなるのでなるべく投稿しないようにしてましたが、ちょいと前にテレビ番組で足の冷えやムレにいいと紹介されており早速買ったところ、とても良いので投稿します。

その昔、軍足をはいたことはありますが履き心地の良くありませんでした。でも今の5本指ソックスは違います。履くときにちょいと面倒だったり、慣れるまできゅうくつだったり違和感はあるものの、慣れてしまえばとっても快適です。確かに冷えとムレは良くなったような気がしますし、足の指が解放されたような気分です。
仕事で1日中靴を履いていないとだめな時でも、ムレた感じは少ないです。

好き嫌いはありますが、みなさまもチャレンジしたらどうですか。

YOUNG GUITAR December,1978

yg1978

気合い入ってます。リンクに。
「お前ら、気合いだー」 by さとさん。
「お前ら、コメント書けよー」 by 自分。

先日某所で「大古本まつり」をやっていて、仕事の関係で近くに行ったのですが、素通りするのはちょいとおしい気がしてのぞいてみました。もちろん勤務時間外です。
たくさんの古本屋が出店していて、得意の分野が違うようで、「いかにも古本」や「蔵書」みたいな本、「18才未満お断り」などバラエティに富んでいます。

そこに古雑誌を販売しているコーナーがあったのでじっくり見てみました。もう廃刊となった雑誌、音楽系の雑誌などたくさんありました。ミュージックライフとか当時としてはオシャレだったと思いますが、今見ると時代の流れなのか・・・という感じです。あまり面白そうなのがなかったので帰ろうとしたら、平積みでこの本がありました。

YOUNG GUITAR December,1978

これ持ってました、もう25年も前ですね。当時の販売価格は500円、これは税込みで577円でした。表紙を覚えてました。
バウワウの山本恭司が真ん中で、斉藤光浩、クリエイションの竹田和夫森園勝敏Char高中正義ゴダイゴ浅野孝巳、永井充男、山岸潤史とそうそうたる顔ぶれです。そして高中正義バンドのキーボードは坂本龍一です。
当時、"YOUNG GUITAR FESTIVAL GUTAR WARS IN HIBIYA OCT,10"というライブがあってその様子が書かれているのですが、他にもギターの奏法や機材のセッティング、新譜のLPのリリース、オーディオ関係の情報など今見ても役に立つ(何の?)記事が満載です。
で、「クロスオーバー(死語)ギターに挑戦!!」として以下の曲のTAB譜が掲載されてました。

Larry Carlton / ROOM335
竹田和夫 /暗闇のレオ

2曲とも必死でギターコピーしました。でも途中で挫折してしまいました。(切腹!)
ROOM335は一時期ケータイの着メロにしてたり、暗闇のレオは当時のTBSドラマ「ムー一族」のオープニングテーマとして流れていて、番組中で演奏してたこともあったかと記憶してます。

他にYOUNG GUITARはないのか、あれば全部買っちゃうぞーと思い必死で探しましたが、結局みつかりませんでした。やはりお茶の水に行かないのいけないのかなぁ。でも、この本は狭山市にある古本屋からのものでしたので、そこに行けばあるかなぁ。本には店名と電話番号の入った値札が付いているので、電話してみましょうか。悩みます。

今日は楽しいひな祭り

体調不良です。今日はひな祭りですね。

昨日トリビアの泉で放送してましたが、ひな人形の原型となっている平安時代の女性は、結婚して人妻になると眉をそってしまうとのことです。家に飾ってあるのを確かめたら、三人官女の真ん中の人には眉毛がありませんでした。既婚者なのね。

そしてひな祭りは、お内裏様とおひな様の結婚の日になるので、今日を境におひな様は眉毛をそってしまうんです。

眉毛がなくなるとせっかくのお顔が台無しになってしまうので、その前にパチッ。

ohinasama

スバル360(2)

スバル360奇跡のプロジェクト

探しました。ありましたよ。スバル360の本です。

本の内容はスバル360の開発リーダーである、百瀬晋六氏のことが中心になっていますが、製造現場にいなくても何らかの形で「ものづくり」に携わるものとしてはとても参考になりました。あの独特のボディはこうやってできたんだなぁとか、ゆるゆるしたサスペンションにはこんなしかけがあったんだとか。何より、こんなに凄い人たちが愛着と執念を持ってこのクルマを開発したんだなぁと改めて感動しました。後半に「スバリスト」としてこのクルマに入れ込んでしまった人たちが掲載されていて、いかに大事にされているかがよくわかります。こんな軽自動車は他にないでしょう。
ますますスバル360のことが好きになりました。

誰か、乗せて~。

夜梅

今度は咲いてました。
「よばい」ではありません。よるのうめです。

湯島天神梅まつり。2月下旬に見頃とあったので、夜桜ならぬ夜梅としゃれ込みました。平日の夜のためか、お店はしまっており人もまばらでした。おかげで菅原道真公に学業成就のお参りをゆっくりすることができました。でも甘酒を飲めなかったのは残念。

梅は桜と違って枝いっぱいに花をつけるのでなく、花の数は少なく控えめだけどちゃんとキレイに咲いているので立派です。桜のようにぱっと咲いてぱっと散るのもいいけど、梅のようにおだやかな咲きっぷりもステキです。

前に豊後梅(ぶんごうめ)と書きましたが間違いかもしれません。でもこれは間違いなく「見驚梅(ケンキョウバイ)」です。花見に行けない人のためにせめて画像だけでもお届けします。

さあ、梅が咲いたらお次は桜だ。上野のお山の桜だよりはそのうちに。

kenkyoubai

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック