« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月

今度はロッテリア

これもグルメでないような気が、、、。

朝、ちょいと時間があったのでロッテリアに寄りました。いつもはマックだけど、たまたまロッテリアとKFCしかなかったので、しかたなしではありました。朝食はきちんと取っていたのですが、メニューを見たら食べたくなってコーヒーを飲むだけのつもりがいつの間にか、セットをオーダーしてました。

熱々の厚々のポテトと、ハムエッグバーガー(名前忘れた)はとってもおいしかったです。マックで熱々というのはコーヒーぐらいしか経験してない(それもやけどするくらい熱い)ので、やはり出来たてはおいしいなと実感しました。モスバーガーもそうですが、コーヒーが紙でなくちゃんとした陶器のカップで飲めるというのは全然気分が違います。
でも、出勤時であったものの、通り過ぎたマックは人がたくさんいたのに、ここと通路をはさんで反対側にあるKFCは空席が目立ちました。

で、別の場所に移動してお昼になりました。またまた、ちょいと時間があったのでファーストフードを探していたら、ロッテリアしかありません。しかたなく、また入りました。1日2回も利用するのは初めてです。
ジャガバタバーガー(これも名前忘れた)もおいしかったです。要はコロッケバーガーなのですが、やはり熱々なのはうれしいですね。

これから頻繁に利用するからさぁ、ロッテリアにもちょいと頑張ってほしいものです。

新規記事間に合わなかった

忙しさにかまけて、また新規記事の追加ができなかった。

今度はガンバロー。

とんこつラーメン

前をとおるたびに食べようと思ってたものの、食事の時間でなかったり、急いでいたりと食べる機会がなかったけど、今日はちょうどお昼時で時間もあったので立ち寄りました。

このお店はお客の好みで麺の硬さ、味の濃さ、油の多さを選べるようになっていて、僕は、「麺硬め、味濃い目、油多め」にしました。味は「横浜とんこつ」という醤油ベースのとんこつ味で、悪く言えば洗練されていないというか、とんこつ独特の臭みやクセは少しありましたが、その分風味満点で好きな人には好きな味でとってもおいしかったです。博多風ではないので紅ショウガはおいてませんでした。

ほとんどしゃべらない店主らしき人と東南アジア系のバイトのにーちゃんの2人でやっていて、カウンターのみですが飲んだ後にシメに行くのはいいと思います。でも酔っ払って「油多め」は気をつけましょう。僕も年と体調を考えずにオーダーしたら、ちょいと後悔。油は普通でよかったかも。

KFC

鶏肉が嫌いなため、クリスマス以外はほとんどお店に行ったことがありませんが、「海老カツサンド」というメニューがあったので、家族に言われてしぶしぶランチしに行きました。海老カツサンドは、サクサクしてて、エビもプリプリしててとってもおいしかったです。

で、ちょいと営業的な見方をしました。
晴れた日曜日のお昼、国道沿いで交通量は多く、立地条件は抜群なのに、先客は1組のみ。それも主婦のおしゃべり仲間。ゆっくり食べている約30分の間にカップル1組と家族連れ1組が来店しました。その間、ドライブスルーは3台ぐらい。同じ国道沿いで1kmぐらい離れた場所にあるマックは、結構混んでいたのに。

前をとおるたびに「いつ閉店しちゃうのか」と心配していましたが、どうなのでしょう。クリスマス時期の売上は1年間の売上の何パーセントを占めるのでしょうか。
このお店の隣にある紳士服のお店は不人気で閉店し、別業態のお店が出店してからそれなりににぎわっています。近くにある郊外型レストランも店舗はそのままで経営が変わっています。
この付近一帯は何かあるのか?

僕が鶏肉嫌いでなければ、うちももっと頻繁に利用するのでしょうが、家族は遠慮してか、あまり行こうと言わないです。お店もメニューや広告を増やしたり、オマケをつけてがんばっているので、これからもあまり行かないかもしれないけど、もうちょいとがんばってほしいものです。

ようやく買えた

長いこと探してました。忘れてたけどようやく買うことができました。

姜健華(ジャン・ジェンホワ)さん。二胡の奏者です。

以前(もう4年以上も前ですね)、NHK教育テレビのトップランナーという番組で「東儀英樹」さんをやって、その時に「夏の汀」という曲を一緒に演奏されてました。雅楽というか東儀英樹さんには興味があったので、何となく見ていたらその演奏に引き込まれてしまい、聞いているうちに涙があふれてきました。懐かしいような郷愁というか心・魂の深い部分が感動したようです。この時は姜健華の名前も曲名も知らなかったのですが、CDショップ巡りとホームページを探して、「夏の汀」が収録されている「幻奏譜」を買い、何度も何度も聞きました。
笙の音(ね)に似ているようで負けていない、二胡の音がたまりません。また、泣けました。ライナーノーツ(でいいんですよね)に姜健華さんの名前がフューチャーされてました。

で、しばらく意識から外れていたのですが、テレビで二胡の特集を見て、その後、東京を散策する番組をやっていてこれも何となく見ていたら、姜健華さんが出演されてました。

もう、これは何かめぐり合わせでしょう。僕の大好きなラストエンペラーの演奏もしてるなんて、運命的なものを感じてしまいます。そこでベスト版を買ってしまいました。ジャケットだけを見るとちょいと気後れしてしまいますが。まだ良く聴けていませんが、秋の夜長にひとりでこっそり聴きたいなぁ。涙を家族に見られるとカッコ悪いから。

地震、凄かった

被災地の皆様にお見舞い申し上げます。

夕べの地震、凄かったですね。長いこと人間をやっていても初めてというくらいの地震でした。幸い、震度4くらいだったので被害はありませんでしたが、いざという時の準備が必要であることを実感させられました。

その昔、2000年問題の時に非常用袋に非常食と飲み水など、ひととおり揃えておきましたが、今は何もありません。今回の教訓を踏まえ、また少しずつ備えていくことにしましょう。

ISUZU 117クーペ

カーマニアというほどではありませんが、スーパーカーブームの洗礼を受けた世代としては、国産車、外車を問わずちょいと昔のクルマは大好きです。

ISUZU 117クーペ。何年ぶりだろう、街で見かけました。左斜め後ろからだったのでよくわかりませんでしたが、多分、角目の後期型だと思います。ボディカラーは白で、ナンバープレートはもちろん「117」でした。急いでいたけど思わず立ち止まって見てしまいました。

いやぁ、優美というか流れるような曲線がいいですね。こんな素敵なクルマは最近ありません。1968年デビューなのでもう36年も前になるけど、今見ても素敵なジウジアーロのデザインは凄いですね。このところ国産車もデザインに力を入れているようですが、30年後も鑑賞に耐えうるデザインでしょうか。まぁ、販売価格と量産化を考えるとしかたのないことでしょう。

その昔、自動車整備工場を営んでいて117クーペを持っている知り合いがいて、何度か乗せてもらったことがありました。当時(今でも)高級車にあまり乗ったことのない僕は、エクステリアはもちろんのこと、インテリアも素敵だったので感動していたのを覚えています。が、117はデザインだけでなくエンジンも凄く、その知り合いはいわゆる「族上りの飛ばし屋」だったので、走りも凄かった。

今のクルマで30年後も鑑賞と実用に耐えるのは何だろう?

大人のロック!

ぶらっと立ち寄った本屋の音楽関係のコーナーに平積みしてあった。

ビートルズ、イーグルス、クィーンといった、僕らの世代が反応してしまうバンド名が目に飛び込んだ。
ちょいと中身を見て、即購入

見開き1ページ目に、「ロックが好きだ。いまこそ素直に、そう言おうと思う。」というキャッチフレーズが泣けます。そうだよね、ロックは若者だけの音楽じゃないよね。元若者、気持ちはずっと若者、もちろん大人もロックが好きだ。

「ロックは生き方そのものだ!」だよね。イーグルス、見に行きたいなぁ。無理だけど。

マックグラン

またまたファーストフードネタだ、、、。
テレビ番組で紹介してて、「ボリューム満点」とか「普通のハンバーガーを2回食べるならこれを1回食べた方が良い」という街頭インタビューを見たので、食べようか迷っていたけどブログのネタになると思い食べました。

感想は、確かに量もあっておいしいけど、マックのハンバーガーセットに700円も出す気にはならない。
その理由は、
プラスポイント
・バンズは厚みがありモチモチした食感である。
・多目のマヨネーズも個人的には好き。
・ミートも同様に大きくておいしい(ような気がする)
・食べ終わった後に満足感はある。
マイナスポイント
・おいしいというのは比較対象がマックの場合であって、モスバーガーやフレッシュネスバーガーに比べるとそうでもない。
・量が多いというのは食べる人の個人差によるものであり、今日マックで隣に座っていたサラリーマンはマックグランとベーコンレタスバーガーを一緒に食べていた。
・気のせいか、ピクルスもたくさん入っていた。(これは好き嫌いで、プラスポイントにする人もいるでしょう)
・700円出すなら定食などもうちょいときちんとした食事が取れる。

であり、個人的にはもう食べないなぁ。といった感じ。
もちろん、嫌いというわけではないけど、こういったちょいとした不満を持つユーザ層が離れていく(別メニューをオーダーする、他のハンバーガーチェーンに行く)んだろうなぁ。

修学旅行シーズン

秋の修学旅行シーズンです。

朝のラッシュ時などターミナル駅は制服を着た中高生でいっぱいです。
いかにも「地方から出てきました」という素朴なお上りさん(おのぼりさん)もいれば「東京なんて、何よ」という妙に落ち着いたというかナマイキな生徒もいて、見ていて楽しいです。主観ですが、東京に修学旅行にくる地域というのは東北地方が多いような気がします。だって、コトバがかわいいんだもの。

自分も中高生の頃はこうだったんだなぁと、ちょいと感慨にふけっちゃったりします。
機会があったら同じルートで旅をしてみたいものです。

月曜日

1週間の始まりです。

みなさん、眠くありませんか?僕は眠いです。

どうやら晴天も今日までらしいです。残念。

恋人達のボサノヴァナイト

10年以上も前のお話です。
本棚を整理してたらたまたまチケットを見つけ思い出しました。

当時、ボサノヴァがちょいとブームでした。ワインもボサノヴァに合うおしゃれなお酒として、お酒の会社が主催で「恋人達のボサノヴァナイト」というイベントがありました。今でいう「おいしいワインがあるクラブでのライブ」なのですが、一緒に行った女友達が出演者のCDを買って、それをテープに録音したものをもらって、つい最近まで持ってました。どこかにいってしまいましたが、愛聴テープでした。でも曲名と演奏者が書いてなく、たまぁに思い出すとモヤモヤしてました。もちろん女友達とも音信不通。

で、何年もその正確な出演者名がどうしても思い出せず、CDも買うことができなかったのですが、本棚の整理でチケットが見つかりました。

出演:XACARA(シャカラ)、SHARA(シャラ)、ショーロクラブ

約半年の間に2回ほどライブがあり両方ともチケットがあったので、間違いありません。SHARAです。
女性二人のライトタッチのボサノヴァで、BGMとして聞き流すのも良し、ちゃんと聞くのもよし、といった内容で、女性ボーカルをあまり聞かない僕にとっては数少ないFavoriteとなってました。

XACARAは名前をちゃんと覚えていたこともあり、大好きな「日向敏文」がプロデュースしたCDも持っていたのですが、似たような名前だったので思い出せなかったのね。

その後、メンバー関係者のホームページを見たり、SHARAの情報を調べるのにやはりインターネットは便利であると痛感した秋の夜長でした。

どなたかSHARAのCDを売っている場所を知っていたら教えてくださ~い。

風のようにうたが流れていた

記事にするのはやめておこうと思ったけど、やっぱり書きましょう。
ビデオ録画しているにも関わらず2回ともリアルタイムで見てしまった。

なんで、小田さんはこんな企画を引き受けたのだろう。記事から抜粋すると(著作権大丈夫かなぁ?)、

【新番組に向けての小田コメント】
「レギュラー番組をやりたい、という話をもらって…自分としては体力的にも能力的も精神的にも、けっこう限界を超えるかな、って思ったんだけど、リスクのないところに進んでいく力を見いだせない性格なんで(笑)、あえて、これもまたそういうものをしょっていくべきかなと思い、やらせてもらうことになりました。準備とかを含めて負担も大きいけれど、いい思い出が作るように、最後までのたうち回りたいと思っています。」

などと言っている。小田さんが作る詩と同じで、わかったようなわからないような、精神論のような体育会系のノリのようなコメントである。さすが。

番組中の小田さんの言葉、「それでは」とか、「どうもありがとう」の言い方が、オフコースの時と全然変わってなくて(当たり前だけど)つまらないことだけど妙にうれしくなってしまった。もちろん、歌は良いです。

でも、56才になってもあの歌声は凄いなぁ。

皆既日食

また見られなかった。残念。
この間も確か悪天候のため見られなかったような気がする。

ニュースでは淡々と「次は何年後の20**年です。」といった放送をしている。それまで生きていられれば見られる可能性はあるけど、また天気が悪かったりしたら見られない。

一生に一度見られるか見られないかなんて、天文ファンでなくてもちょいと悲しい。

豚丼・牛丼

これもグルメにカテゴライズするのはどうかと思いますが。

牛丼が食べられなくなってからかなりたちますが、代用食としてしかたなく食べていた豚丼または豚めしが、最近ようやく舌になじんできたというか、おいしいと感じるようになってきました。

そろそろアメリカ産牛肉の一部輸入解禁という噂も出ていますが、あの牛丼が食べられるのはいつ頃からでしょうか。一部の牛丼チェーン店ではオーストラリア産牛肉で販売しているところもありますが、やはり僕たちが待ち望んでいるのはズバリ吉牛でしょう。

でも、牛丼が販売再開したら豚丼はやめてしまうのでしょうか。できれば継続してほしいと思うのは僕だけでしょうか。牛丼を食べていてもたまにはちょいと豚丼を食べたくなるかもしれないから。

いつまで続くの

秋の長雨。

こう毎日雨が降ってると、洗濯物はいまいちパリっとしないし、ちょいと寒くジメジメしてて困る。

明日からは晴れるらしいが、最近の天気予報はホント、あたらない。

女心と秋の空、なのね。

ラーメンチェーン店

はたして、グルメというカテゴリが適切なのだろうか。

値段も手頃でそこそこおいしいので、わりと良く利用するラーメン屋さんのチェーン店。無性にラーメンが食べたくなって行くと、いつも決まってほとんど同じメニューを頼んでしまう。この間たまには違うものを食べようと思い、期間限定激辛ラーメンを頼んだら、いまいちだった。ちょいとがっかりした。

こういうのは「行きつけ」というのだろうか、それともファーストフード感覚なのだろうか。
でも、お気に入りのメニューがいつの間にかなくなってしまうのは、ちょいと残念。

うぅぅ、ラーメン食べた~い。

すごーく、反省

帰りの電車で結構急いでいた。
目的の駅に到着しドアが開いた。
赤い顔した酔っ払ったおじさんが、出口をふさぐようにノロノロと出て行った。
急いでいた僕は、「チクショー」と思いながら、おじさんを少し押してしまった。

その直後、事実がわかった。

おじさんは酔っていたのは事実だが、もうひとつ足が不自由という事実もあった。
イライラした僕に気づいたのか、ホームに降りてからおじさんは、
「すいません」と僕に軽く微笑んでくれた。

事実に気がつき、その場を走り去ろうとする僕は、ただ、
「いいえ」
としか言えなかった。一体何をやってるんだろうと、すごーく反省。

そういえばおじさんは酔っているせいか、すごく楽しそうな表情をしてたなぁ。僕の心ない行動で
気分を害したかもしれない。反省。

三連休

台風が気になりますが、明日から三連休という人も多いのではないでしょうか。そこで、僕たちは休みにどこに行くのか考えなければなりません。

カップルだったらデート、小さい子供がいれば公園や遊園地、家族連れなら映画やショッピング、疲れている人は温泉とか立ち寄り湯、はたまたゲームやレンタルビデオで家でまったり過ごすとか。

天気も悪そうだから近場に買い物に行って、のんびり過ごそうかなぁ。昼間から家でお風呂に入るというのも、ちょいとした気分転換になるので僕としては歓迎ですが、、、。懐具合もあるし。

月見バーガー

この時期になると、マックの「月見バーガー」を食べてしまう。食べるたびに、「これってファーストキッチンのベーコンエッグバーガーのパクリじゃん」とひとり突っ込みを入れてしまいます。確かにファーストキッチンの方がおいしいと思いますが、いかんせんお店が少ないのでしかたなし、です。逆にいうとマックのお店が多いってことか。

ファーストフードってお店の立地と時間帯により客層がさまざまなのがいいですね。今日はJRの駅前にあるお店で昼に食べたのですが、学生と主婦の集まりらしき人が多く、僕のようなサラリーマンは少なかったです。
夕方になると学校帰りの学生が増えて、夜になるとカップルが増え、お休みの日は家族連れが増えるんでしょうね。

しかし、ファーストキッチンにはもうちょいとがんばって出店を増やしてほしいものです。お店があれば行くからさぁ。

ようやく晴れ

ましたね。

今日は少し暑くなりそうですが、やはり秋らしく晴れていたほうがいいなぁ。

あの人の心も。

大切な人

大切な人を大切にしてますか?
そもそも大切にするってどんなことか、はっきりと言えますか?

やさしくする、守る、話を聞く、味方になる、自分より優先する、反対しない、すべて受け入れる、などなど人の数だけあるでしょう。

さあ、もう一度。大切な人を大切にしてますか?はっきりと言えますか?

僕は、、、。

感染/予言。見ちゃった。

見てしまいました。

ホラー映画や小説は駅に貼ってあるポスターも正視できず、テレビで怖いシーンがあると目をつぶってしまう超怖がりな僕ですが、テレビで紹介していた映像と内容を見たら、大丈夫(これがそもそも間違い)と思い、家人に格好つけよう(逆効果)と思って、一緒に見てしまいました。

【感染】は、直線的な怖さというか見た目の怖さを大事にしている映像で、もちろん怖かったですが、ちょっと消化不良気味。

【予言】は、原作を知っているということもあり、怖いだけでなく人間として直視できない映像が多く、後からボディブローのように効いてくる怖さで、救いのあるようなないようなエンディングが記憶に残りました。
家族のある身にとって、こういう映画は悪い意味で「たまらん」映像です。だからホラーなんだけど。

今、ブログを書いていても背中の方ばかり気になり振り向いてしまう、怖がりな僕です。だから格好つけずにやめれば良かった。スウィング・ガールズとかトゥー・ブラザーズにでもしておけば、、、。

金木犀の香り

家にある金木犀が少し花をつけはじめ、ほのかに良い香りがするようになってきた。雨で落ちてしまうのが心配だけど。毎年、この時期だったかなぁ?もうちょっと遅いような記憶もあるが。

花の香りで一番好きなのが金木犀です。甘い香りというか、上品で、そこはかとなく周囲を良い香りで包んでくれる。街を歩いていて金木犀の香りに出会ったら、ちょいと足を止めて花を探してしまう。すぐに見つかることもあるけど、なかなか見つからないこともある。これがなんというか、奥ゆかしくていい。

金木犀の香りに出会うのに、しばらくは外を歩くのが楽しみな季節です。だから早く雨がやんでほしい。

あの頃の未来に

僕らは立っているんだろうか。

電車の中にあったNTTのIPテレビ電話の広告を見て、ふと思った。これって子供の頃に夢見た「テレビ電話」だよね。あの頃は21世紀なんて遠い未来で、空を自由に飛べる自動車に乗って、高層タワーに住むんだなって本当に思ってた。小学校で「21世紀の日本」とかいう絵を書いた人も多いのではと思います。

21世紀も数年経った今、目の前にある現実は夢ほど進んではいない。車は空なんて飛べず、あいかわらず排気ガスをまきちらかし、混雑した道路をノロノロ走ってる。

ITや情報家電の分野では、現実が夢に近づいている。テレビ電話はもちろんのこと、ケータイ、デジカメなどちょっと視点を変えて冷静に見ると、「すげー、21世紀の科学を結集した製品だ」と真剣に思ってしまう。

今の子供たちはどんな「未来の日本」を書くのかなぁ。
未来への夢はずっと持ちつづけていたいものです。

イタリアンレストラン

先日、個人的なちょいとしたお祝い事があって、イタリアンレストランに行ってきました。行きつけというほどではないけれど、友人と来たり家族で来たりと結構利用しています。

お店は郊外型というか南欧風のゆったりとした作りで、メニューもパスタで10種類、ピザで10種類程度とそれなりに豊富で、セットメニューや限定メニューもあるから毎回違ったメニューを楽しめます。ケーキも豊富で僕以外は全員ケーキセットにして、みな違ったものを注文して、いろいろ味見してました。

今回はお祝い事なので特別にワインを飲みましたが、ハウスワイン(赤)でも、注文した「生ハムとルッコラの冷製パスタ」(9月までの限定メニューなので)の酸味とマッチし、お手ごろ価格で大満足でした。

秋ということでキノコの限定メニューもあったので、次回はどれを注文しようかなぁ。

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック